Nikonレンズ Nikon標準レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 海外の評価

ニコンNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sはとても堅実なキットレンズ

LenstipがニコンZの交換レンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」のレビューを掲載。抜群の解像性能ではありませんが、全体的に良くまとまっているキットレンズと高く評価しています。

スポンサーリンク

  • 単体で購入するとほぼ1000ドルだが、キャッシュバックやボディとセットで買うことに600ドル程度まで抑えることが出来る。
  • 24-70mmのレンズは数多く存在するが、驚いたことに24-70mm F4のレンズはほとんど無い。そのグループの中で、このレンズは「重量・サイズ・フィルター径・光学系の複雑さ」でちょうど真ん中くらいだ。ただし、キヤノンやソニーのレンズは光学手ぶれ補正を搭載している。
  • 後玉は24mm時にレンズマウント付近だが、70mm時は2cmほど前方へ移動する。鏡筒内部は黒塗りされているが、残念ながら隙間が存在するので完全に密閉された鏡筒では無い。
  • レンズマウント付近の鏡筒は金属製だ。
  • 製造国はタイだ。
  • 1cm幅のフォーカスリングは滑らかで適度に減衰している。フォーカスバイワイヤで操作し、素早く回転させるとピント全域を約100度で移動する。ゆっくり回転させると180度に達する。
  • ズームリングとフォーカスリングの間の鏡筒はプラスチック製だ。
  • 35mm幅のズームリングは大部分がゴム製だ。24mm・28mm・35mm・70mmの焦点距離を表示している。
  • 格納時は全長が88mm、24mm時に沈胴機構の内筒が伸び110mm、70mmまでズームすると138mmまで伸びる。
  • 解像度
    ・Z 7のRAWに基づいて計測している。
    ・良像の基準値は42~44lpmmだ。
    ・最高の単焦点で80~85lpmmに達する可能性がある。
    ・このレンズの中央解像はZ単焦点と異なり70lpmmに達しない。それでも「70mm F4」の組み合わせでさえ良像の基準値を明らかに上回っている。
    ・APS-C領域でも45mm・70mmではケチのつけようが無い性能だ。絞り開放から実用的な画質であり、F5.6~F8で本当に優れた解像度となる。24mmは絞り開放でいくらか問題があるものの、絞ると急速に改善する。
    ・四隅領域はズームレンジ全域で似たような傾向だ。絞り開放の画質は実用的と言えないものの、幸いにも70mm以外はF5.0付近まで絞ると良像に達する。
    ・解像テストの結果は効果的なキットレンズであることを証明している。
  • 50mmで軸上色収差に関する問題は全くない。70mmに近づくと、僅かな色付きが見られるものの、目立つことは無い。このカテゴリで非難すべき点は無い。
  •  倍率色収差は70mmで全く問題無い。24mm時に色ずれが最も大きくなるが、幸いにも0.1%に近い中程度の数値だ。絞ることで低い数値まで収差を抑えることが出来る。ズームレンズとしては非常に優れた性能だ。
  • 球面収差の補正に大きな問題は見られない。
  • レンズをカメラに装着すると「歪み補正」の項目がグレーアウトして利用できなくなる。これは光学的に歪曲収差が大きいと想像できる仕様だ。風景撮影で歪曲が問題とならない場合もあるので、「歪み補正」をオフにできる選択肢が欲しかった。
  • RAWの24mmではー3.25%に達する顕著な樽型歪曲が発生する。28mmでもー1.91%と目に見る歪み方だ。35mmで歪曲収差の問題が無くなり、50mmで+1.21%に達する糸巻き型歪曲へ変化する。さらに70mmでは+1.74%だ。
  • コマ収差はAPS-C領域で非常に小さく問題無い。フルサイズ四隅でも影響は中程度だ。
  • 非点収差の平均値は7.3%と中程度の数値だ。
  • 玉ボケは完璧からは程遠い。4枚使っている非球面レンズが原因だろう。
  • 周辺減光はRAW 24mmでー2.78EVに達し、F5.6でも現状維持だ。45mmでー1.31EVと低下するが、70mm F4でー2.23EVと再び悪くなる。
  • 逆光耐性についてはケチのつけようが無い。フレアやゴーストはほとんど発生せず、発生させるのが難しい。
  • オートフォーカスは完全にノイズレスでレンズが動く音は全く聞こえない。速度もまともだが焦点距離で少し評価がことなる。24~28mmの場合は0.3~0.4秒、50~70mmの場合は0.7~0.9秒まで増加する。精度について何の問題もない。

長所:手のひらサイズのカッコいい鏡筒・良好な中央画質・きちんとしたAPS-C領域の画質・穏やかな軸上色収差・きちんとした倍率色収差補正・球面収差が小さい・DXクロップで無視できる周辺減光・良好な逆光耐性・静かで正確なAF

短所:RAWで歪曲収差の問題が大きい・フルサイズ領域で周辺減光が強い

NIKKOR Z 24-70mm F4 Sはとても堅実なキットレンズだ。Zカメラのキットレンズとして手に入れた全ての人が満足するパフォーマンスだと思う。ただし価格設定は別だ。単体で購入する場合は1000ドル近い結構な額となる。カメラとセットで買うか、キャッシュバックなどを活用するべきだろう。

Lenstip:Nikon Nikkor Z 24-70 mm f/4 S

とのこと。
際立った性能のズームレンズではありませんが、全体的にバランス良くまとまったレンズである模様。特にこれと言った弱点が無く、光学的な歪曲収差・周辺減光はレンズプロファイルでソフト的に補正しているようです。
私もZ 7のレンズキットと共にゲットしました。安定した描写性能に加え、鬼のような逆光耐性には感心しています。ここ最近使った標準ズームの中では特に逆光耐性が良好と感じます。

単体で購入すると10万円前後と高価なレンズですが、Lenstipも述べているようにレンズキットとしてカメラと共に購入するとかなり安くなります。また、購入後に未使用のまま売り払うケースも多く、カメラのキタムラでは状態の良好な大量の中古品が出回っています。「A」クラスの中古品でも5万円以下で購入可能。

NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sのレビュー・作例を集めているページはコチラ

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S関連記事

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~