Samyangレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

サムヤン「AF 35mm F1.8 E-mount」は純正以上のシャープネスと後ボケ

Sony Alpha Blogがサムヤン「AF 35mm F1.8 E-mount」のレビューを掲載。純正より優れたシャープネスと後ボケを評価。「同価格でもサムヤンを選ぶだろう」と言及しています。

コストパフォーマンス抜群

Sony Alpha Blog:Samyang 35mm F1.8

  • このレンズはサムヤンF1.8シリーズの一部だ。
    AF 35mm F1.8 FE
    AF 45mm F1.8 FE
    AF 75mm F1.8 FE
  • 初見で印象に残ったのはレンズの軽さとコンパクトさだ。
  • モードを切り替えることでフォーカスリングを絞りリングに変更できる機能を備えている。
  • ビルドクオリティはGMやツアイスより低く、「FE 35mm F1.8」と比べても少し低い。とは言え、耐候性を備えており、良好な品質だ。
  • AFは静止画・動画どちらでも静かで高速、そして正確に動作する。瞳AFは完全に機能する。
  • いくらか目立つフォーカスブリージングが見られる。
  • シャープネス
    ーα7R IV:6100万画素
    ー中央:F1.8で非常に良好、F2.8からF8まで際立った性能だ。F11で回折の影響が目に付き始める。
    ー四隅:F1.8で良好、F2.8からF8まで優れた性能を発揮する。
    ーこの価格帯では優れたパフォーマンスのレンズだ。
  • ポートレートでは肌に負担をかけずに信じられないほどのディテールを解像している。際立ったシャープネスを望む場合はF2.8まで絞ると良いだろう。
  • 周辺減光はF1.8で目に付くが、F2.8で非常に小さくなる。F8まで絞れば解消する。
  • 歪曲収差は中程度の樽型だ。
  • 倍率色収差は絞り開放付近で目に付く。
  • 逆光耐性はとても良好だ。
  • 絞ると素敵な光条が発生する。
  • Lightroomのレンズプロファイルが存在しない。しかし、まもなく登場するだろう。
  • 玉ボケは良好だが、拡大すると縁取りや玉ねぎボケの兆候が見られる。
  • 後ボケはとても良好だ。騒がしい背景でも非常にソフトな描写となる。これはFE35mm F1.8より優れている。
  • 発色はとても良好だ。
  • 動画でもボケや発色の良さが結果に繋がる。スイッチを切り替えることでクリックレスの絞り操作も可能だ。AFは完璧に動作するが、いくらかフォーカスブリージングが目に付く。
  • 35mmの比較
    ー最も優れているのは「35mm F1.2 DG DN」だ。
    ーコンパクトサイズの場合「FE 35mm F1.8」が最も近い競合レンズとなる。
    ーサムヤンは小型軽量で最も安価だ。
    ービルドクオリティはソニーが少し優れている。
    ー接写性能はソニーが有利だ。
    ーシャープネスは互角だが、サムヤンが少し優れている。
    ーマクロ撮影でのシャープネスはソニー有利だ。
    ーソニーの玉ボケは良好だが、後ボケが騒がしくなることがある。
    ーサムヤンの玉ボケは良好だが、玉ねぎボケの兆候がいくらか目に付く。後ボケは非常に滑らかでソニーのように騒がしくならない。
    ーポートレートの肌調はサムヤンが優れている。
    ー歪曲収差はどちらも適度だが、ソニーはプロファイルで修正可能だ。
    ー周辺減光は同等だが、サムヤンのほうが早めに改善する。
    ー色収差はサムヤンのほうが目立つ。
    ー逆光耐性はサムヤンのほうが良好だ。
    ーAF性能はほぼ互角だ。僅かな違いだがソニーが少し速い。
    ーサムヤンは顕著なフォーカスブリージングが見られる。
    ー接写性能がソニーほどではない。

サムヤン35mm F1.8は珠玉のレンズだ。優れたシャープネスと後ボケ、効果的なAFを備え、小型軽量である。機動力のあるカメラシステムでα7Cなどと組み合わせたい場合に最適だ。
ソニーと同じ価格だったとしても、良好な後ボケと肌調を考慮するとサムヤンを選ぶだろう。強くおススメできるレンズだ。

長所:抜群のシャープネス・滑らかな後ボケ・非常に良好なコントラスト・良好な玉ボケ・とても良好な色・ポートレートで優れた描写・優れたAF・小型軽量・価格・防塵防滴・良好なビルドクオリティ・クリックレスの絞り操作対応

平凡:中程度の歪曲・周辺減光・色収差・フォーカスブリージング・玉ねぎボケ・接写時のシャープネス

短所:なし

とのこと。
FE35mm F1.8・AF45mm F1.8・AF75mm F1.8ユーザーとしては気になるレンズ。他のサムヤンF1.8シリーズと同じく、価格の割にハイパフォーマンスなレンズに仕上がっている模様。他と同じく接写性能はイマイチですが、特にこれと言った欠点が無いのは凄いですね。
作例を確認する限り、確かにボケが滑らかに見えます。FE35mm F1.8と比べて四隅のボケ描写に違いがありそう。個人的にFE35mm F1.8を使った四隅のボケには満足していなかったので、これは期待大。色収差がやや目立つのは残念ですが、これは他のレビュワーの作例も各印しておきたいところ。

AF 35mm F1.8交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~