Samyangレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

サムヤン「AF 35mm F1.8 FE」交換レンズ徹底レビュー ボケ・減光・逆光耐性編

サムヤン製交換レンズ「AF 35mm F1.8 FE」のボケ・周辺減光・逆光に関するレビューを公開。コンパクトレンズながら口径食が少なく、評価できるボケ描写。ただし、軸上色収差の影響が見られるのは玉に瑕。

まえがき

AF 35mm F1.8 FEのおさらい

レンズ概要

  • 2020年11月20日発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:8群10枚
  • 開放絞り:F1.8
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.29m
  • 最大撮影倍率:0.17倍
  • フィルター径:φ58mm
  • レンズサイズ:φ63.5×65mm
  • 重量:235g
  • カスタムスイッチ搭載
  • 防塵防滴仕様
  • ステッピングモーター駆動

サムヤンのフルサイズミラーレス対応設計の広角単焦点レンズです。比較的コンパクトな「Tinyシリーズ」のレンズであり、同シリーズとしてはこれで6本目。F1.8のTinyシリーズとしては3本目です。

小型軽量なミラーレスの特性を活かすべく、レンズはコンパクトなデザインですが光学設計に妥協は見られません。レンズは8群10枚構成で、そのうち非球面レンズと高屈折レンズを2枚ずつ使用しています。

これまでのTinyシリーズと異なり、4点の防塵防滴処理が施されています。価格設定は従来通りですが、耐候性が向上したことで様々な環境で使いやすくなったのは嬉しいですね。

フォーカス駆動は静かで滑らかな動作が特徴のステッピングモーターを使用。静止画での快適なフォーカスはもとより、動画撮影にも適しています。

AF 75mm F1.8 FE」からの特徴として、レンズ側面にカスタムスイッチを搭載。初期設定ではモード1に「フォーカスリング」、モード2に「絞りリング」が設定されており、モード2に切り替えることでフォーカスリングを絞りリングのように使うことが出来ます。無段階操作のため静止画には適していませんが、動画撮影時に便利な機能と言えるでしょう。

価格のチェック

2020年現在、国内ではケンコートキナーが代理店となり流通しています。相場は4万円台ですが、ショッピングモールなどのポイント還元を上手く活用することで実質3万円台で入手可能。ソニー純正「FE 35mm F1.8」と比べるとお手頃価格。

前後ボケ

前後に差が見られない、ニュートラルな描写です。比較的滑らかで騒がしく見えない点は評価すべきですが、軸上色収差でボケに色づきがあるのは残念。

過度な色づきでは無いものの、場合によっては少し目立つ可能性あり。特に口径食でボケが小さく、騒がしくなる四隅では注意が必要。ただし、これはソニーFE35mm F1.8やキヤノンRF35mm F1.8でも同じ傾向が見られます。

玉ボケ

非球面レンズを使ったコンパクトなレンズとしてはきちんとした描写に見えます。ソニー純正「FE35mm F1.8」と比べると口径食が小さく、四隅の変形も許容範囲内。

口径食はF2.8まで絞るとほぼ解消しますが、絞りの形状が少し角ばります。とは言え、円形絞りでF4~F5.6あたりまで良好な状態を維持している模様。

逆光耐性・光条

逆光耐性は良好とは言えず、絞り開放からフレアとゴーストが目立ちます。似たような条件でテストしたFE35mm F1.8はフレア・ゴーストともに良く抑えられています。絞ると分散した光条が筋として伸びるため、周囲のコントラストが低下してしまうので注意が必要。ゴーストも顕在化します。

光条はお世辞にも綺麗とは言えず、積極的に使いたいとは感じません。

今回のまとめ

肯定的見解

ココがポイント

  • ニュートラルで使いやすい前後のボケ
  • このクラスとしては良好な玉ボケ
  • 玉ボケの口径食が比較的小さい
  • 円形絞り
  • 比較的穏やかな周辺減光

口径食の小ささを含めて、比較的使いやすいボケ描写は評価したいポイント。これで軸上色収差の影響がもう少し抑えられていたら、このクラスでベストと言っても過言では無かったかも。惜しい。

批判的見解

ココに注意

  • 前後のボケに色づきがある
  • 周辺減光の自動補正がほぼ効いていない
  • 逆光耐性が悪い

前述した通り、ボケの色づきが問題となる可能性あり。さらに純正FEと比べると逆光耐性が悪いと感じるので、フレアやゴーストを抑え込みたい人は気を付けたいポイント。周辺減光は純正より良好に見えますが、自動補正の効き目が悪いのでJPEG出力では結果的に減光の大きさに悩まされるかもしれません。

総合評価

管理人
満足度は85点
このクラスとしては良好なボケ・口径食です。「この描写のために買う」と言うにはパンチが足らないものの、コンパクトレンズながら弱点となり得ない描写は評価したいところ。自動補正の効き目と逆光耐性はもう少し良好だと良かった。

購入早見表

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER