SONYレンズ SONY標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニー「FE 50mm F2.5 G」満足のいくパフォーマンスを備えた小型軽量レンズ

Lesnumeriquesがソニー「FE 50mm F2.5 G」のレビューを公開。周辺減光が目立ち、開放F値も大きめですが、小型軽量で優れた光学性能・操作性のレンズに仕上がっていると高く評価しています。

Lesnumeriques:Test Sony FE 50mm F2.5 G : une optique compacte, complète et au piqué exceptionnel

レンズの紹介:

  • 2021年にソニーはG Masterレンズに加えてコンパクトなGレンズ3本を発表した。その中の一つが50mm F2.5 Gだ。
  • 24mm F2.8 G・40mm F2.5 G・50mm F2.5 Gはサイズと仕上がりの点で共通しており、タムロンの20mm F2.8・24mm F2.8・35mm F2.8 Di III OSDと似たようなコンセプトである。
  • 汎用性の高い50mm単焦点だが、開放F値はF2.5と控えめだ。しかし、レンズの作りは決してエントリーモデルではない。複数のコントロールに加え、絞りリングや防塵防滴仕様に対応している。
  • 50mm単焦点の競合製品は多い。FE 50mm F1.8は200ユーロで販売中で、FE 50mm F2.8 Macroも500ユーロで手に入れることが出来る。さらにより大口径で高価なFE 50mm F1.4 ZAやFE 50mm F1.2 GMも控えている。
  • 社外製AFレンズも含めると、シグマ50mm F1.4 DG DN E-mountやサムヤンAF 50mm F1.4 FEも存在する。

ビルドクオリティ:

  • 構造上の欠点は見られず、総金属製の鏡筒は防塵防滴仕様で頑丈な作りだ。

携帯性:

  • 小型軽量なレンズだ。
  • α7シリーズとバランスが取れるうえ、APS-Cと組み合わせても問題無い。

操作性:

  • このサイズのレンズでこれほど豊富なコントロールを備えたレンズは滅多に見ない。
  • AF/MF切替スイッチ、カスタマイズ可能なAFLボタン、絞りリングとクリック切替スイッチ、フォーカスリングを搭載している。
  • クリック切替機能により、動画撮影に適した絞りリングを利用可能だ。
  • フォーカスリングはかなり狭いが、それでも快適だ。とても滑らかに動作し、良好なストロークで回転する。
  • 絞りリングを操作する際にフォーカスリングに触れないように気を付けなければならない。

オートフォーカス:

  • 高速で瞳検出も完璧だ。
  • α7R IVやα7Cとの組み合わせで問題は何も無かった。
  • 近景でも遠景でも、AFは高速かつ正確だ。動画撮影中にフォーカスの駆動音は聞こえなかった。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 光学式の手ぶれ補正は搭載していない。
  • ボディ側に手ぶれ補正を搭載しているので問題とならないだろう。

解像性能:

  • G Masterレンズのような優れた解像性能を発揮する。
  • キヤノンRF50mm F1.8 STMと見比べた時の差は明らかだ。
  • F2.5と限定的な開放F値だが、それでも非常に良好な解像性能を示している。このような開放F値のレンズとしては過去最高だ。
  • F2.8でピークに達し、F8まで非常に良好な水準を維持している。
  • 中央と隅の均質性が欠けているのは残念だが、F5.6以降で改善する。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • ポートレートには焦点距離が少し短く、当然ながらF2.5は最適と言えない。それでも多くの状況では十分なボケの大きさとなる。
  • 後ボケは綺麗だ。
  • 玉ボケは中央で円形となり、内側も滑らかに見える。

色収差:

  • 色収差が問題となることは無いだろう。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 歪曲収差の補正は良好だ。目立たず、問題とならないはずだ。

周辺減光:

  • 本当の問題はここだ。絞り開放で非常に目立ち、絞っても改善が遅く、F8ですら残存している。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

見た目はあまり良くないが、優れたレンズである。小型で優れたエルゴノミクスを備え、優れたシャープネスを実現している。光学性能やビルドクオリティを犠牲にすることなく、汎用性の高い単焦点レンズを探しているのであれば適した選択肢になると思う。周辺減光や開放F値は注意が必要だが、レンズのパフォーマンスはとても満足のいくものだ。間違いなく非常に良いレンズである。

  • 長所
    ・防塵防滴
    ・良好な仕上がり
    ・AFLボタン
    ・デクリック機能付き絞りリング
    ・優れたシャープネス
  • 短所
    ・手ぶれ補正なし
    ・開放F値がF2.5
    ・目立つ周辺減光

とのこと。
「50mm F2.5」のレンズとしては少し高価ですが、それだけの光学性能と機能性を備えたレンズに仕上がっているみたいですね。私は40mm F2.5を手に入れ、確かに価格ぶんの価値はあると感じています。Lesnumeriquesの実写作例を確認するぶんには、ボケは綺麗で、ヌケも良さそうな描写に見えます。

ソニー「FE 50mm F2.5 G」交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER