Samyangレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

サムヤン「AF 85mm F1.4 RF」徹底レビュー 外観・操作性・AF編

サムヤンのRFマウント用交換レンズ「AF 85mm F1.4 RF」の外観・操作性・AFに関するレビューを公開。レンズの作りはまずまず良好で、EOS R5との互換性もほぼ問題ありません。ほぼ必須のLens Stationが高いのは玉に瑕。

まえがき

AF 85mm F1.4 RFのおさらい

レンズ概要

  • 2020年 9月18日 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:8群11枚(EDレンズ1枚・HRレンズ4枚)
  • 開放絞り:F1.4
  • 最小絞り:F16
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.90m
  • 最大撮影倍率:0.11倍
  • フィルター径:φ77mm
  • レンズサイズ:φ88.0×99.5
  • 重量:582g
  • デュアル超音波モーター
  • 防塵防滴
  • アルミニウム外装
  • ウルトラマルチコーティング

2020年現在、サムヤンはキヤノンRFマウントで唯一のサードパーティ製レンズメーカーです。今のところ、超広角レンズ「AF 14mm F2.8 RF」と中望遠レンズ「AF 85mm F1.4 RF」を投入しています。

カメラとの互換性はリバースエンジニアリングで成り立っているため、レンズのファームウェアアップデートには別売り「Lens Station」が必要です。最新ファームウェアアップデートではEOS R5やR6のボディ内手ぶれ補正に対応しています。やや高価なアクセサリーですが、今後もサムヤン製レンズが増えてくると見込んで購入しておくのも一つの手と言えるでしょう。

この85mm F1.4は先行してソニーEマウント用として売り出され、高い評価を得ています。8群11枚のレンズ構成には1枚のEDレンズと4枚の高屈折レンズを使用し効果的に収差を補正。オートフォーカスにはリニア式の超音波モーターを導入して静かで滑らかなAFを実現しているとのこと。さらにサムヤン製レンズとしては珍しく防塵防滴仕様と言うのも嬉しいですね。

価格のチェック

市場価格は7~8万円。純正「RF85mm F1.2L USM」と比べると遥かに手頃な価格設定です。「RF85mm F2 Macro IS STM」とどちらを購入しようか迷うところですが、マクロなどクローズアップが必要であれば純正RFを、明るさやボケ量、そして防塵防滴が必要ならばサムヤンを選ぶと良いでしょう。

AF 85mm F1.4 RF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
Lens Station キヤノンRF用
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

外観・操作性

箱・付属品

サムヤンらしいデザインの箱。
正直に言うと少し野暮ったい印象を受けます。箱の中には両側を発砲スチロールで固定された状態でレンズが入っています。

箱の中身

  • AF85mm F1.4 RF
  • レンズフード
  • レンズキャップ前後
  • レンズポーチ
  • 説明書
  • 保証書

Tinyシリーズのようなレンズピッタリの箱は付属していません。必要最低限の同梱品ですが、特に不足は無し。

外観

外装にはアルミニウムを採用(フォーカスリングはおそらくプラスチック製)。Tinyシリーズのプラスチッキーな質感と比べると遥かに良好な作り。外装には3カ所の防塵防滴用シーリングが施されており、耐候性を備えているのは嬉しい。

純正やシグマArtシリーズほどの頑丈で信頼感のある作りではありませんが、十分良好。

外装にはAF/MFスイッチのほか、レンズのロゴや製造国などの表示がプリントされています。
製造国はレンズフードを含めて韓国。

ハンズオン

レンズ全長は99.5mm、重量は582g。1㎏を超える「RF85mm F1.2L USM」と比べると、ちょうど1/2程度。日常的に使うならば、アドバンテージと言える重量差です。

軽くて小さいレンズとは言えませんが、これでもフルサイズミラーレス用の85mm F1.4としては最軽量のAFレンズです。EOS R5との組み合わせでバランスは良好、長時間の手持ち撮影が辛いとは感じません。

前玉・後玉

大きな前玉の周囲には77mmのフィルターソケットとレンズフード用のバヨネットを搭載。

前玉にフッ素コーティングが処理されている記述は無いので、雨や汚れの付着が想定される環境ではプロテクトフィルターの装着がおススメ。77mmはRF24-105mm F4LやRF70-200mm F4Lと同じサイズなので調達しやすいはず。

後玉はマウント面付近に固定。バックフォーカスが非常に短く、ミラーレス専用設計であることが分かります。サムヤン製の一眼レフ用レンズ「AF 85mm F1.4 EF」とは全く異なる光学系です。

周囲はフレアカッターに覆われ、内部は反射防止のためマットブラックの塗装が施されています。

レンズマウントはおそらく金属製で、4本のビスで固定されています。周囲は防塵防滴用のゴム製シーリングが付いています。

フォーカスリング

約30mm幅のプラスチックフォーカスリングは滑らかに回転します。抵抗量も程よいですが、完璧と言うには少し滑らかさが足らないかも。

側面にはAF/MFスイッチがあり、素早くマニュアルフォーカスへの切替が可能。EOS Rシリーズのフォーカスガイドに対応しているため、簡単で素早く正確なMF操作が可能です。

ピントリングとフォーカスレンズの移動距離は回転速度に応じて変化せず、リニアなレスポンスで動作します。

回転角はピント距離全域(0.90m~∞)で約270度ほどあり、リニア操作としては十分以上の回転角を備えています。正確にフォーカスできる反面、フルマニュアルでの素早いフォーカシングには不向き。ワンショットAF後の微調整で使うのが理想的。

レンズフード

プラスチック製の円筒形レンズフードが付属します。Tinyシリーズと比べるとしっかりとしたフードですが、フード内側に反射を防ぐ特殊な処理は施されていません。

装着例

EOS R5との組み合わせでバランスは良好。おそらく、EOS RPと組み合せても、バランスに問題は無いと思います。直径が大きいレンズですが、グリップとレンズの間の空間には余裕があります。

Lens Station

EOS R5のボディ内手ぶれ補正に対応するためにはレンズのファームウェアアップデートが必要だったので、別売りLens Stationを購入。7,800円と高価で、似たようなシグマUSB DockやタムロンTap in Consoleの倍近い。

私は新品を購入しましたが、特に劣化する製品でも無いので、ヤフオクなどで安く手に入れるのもアリでしょう。

まぁ、純正と比べると遥かに低価格で、サードパーティ製レンズとしても安い部類の85mm F1.4です。Lens Stationを足してもお手頃価格には違いないので、腹をくくって購入するのがおススメ。

出来れば、VILTROXのようにレンズにUSBポートを作って、直接ファームウェアアップデート出来る形式が良かった。

基本的に使い方はUSB DockやTap in Consoleと同じ。パソコンに専用ソフトをインストールして、USB経由でレンズを装着するだけ。

ファームウェアアップデートやフォーカスリングの感度、撮影距離ごとのAF微調整が可能となっています。

AF・MF

フォーカススピード

駆動方式はデュアルリニアソニックモーター。あまりピンとこない駆動方式ですが、超音波振動を利用することから、。キヤノンのナノUSMと似た駆動方式と言えそうです。

フォーカス速度は電光石火とは言えないものの、85mm F1.4のレンズとしてはまずまず良好。EOS R5のAF性能も手伝って、迷いの無い正確なAFを利用できます。

ブリージング

このクラスとしては一般的ですが、目に付くブリージングが発生します。

精度

一般的な撮影距離で問題はありませんでしたが、無限遠を使う際に少し後ピンの傾向がありました。これが個体差なのか、レンズの特性なのかは不明。Lens Stationを利用してピント精度を調整することが可能です。

また、近接時にフォーカスシフトの傾向が見られ、F1.4から絞るごとにピントが後方へ移動します。大きく絞っても被写界深度は像側に広がらないため注意が必要です。開放測距のEOS Rシステムでは気を付けたいポイント。

MF

前述した通り、リニアな操作感で270度の回転角を備えています。微調整に適したフォーカスリングですが、フルマニュアルで操作するにはいささか大きすぎる回転角です。

フォーカスガイドに対応しているのは便利ですが、ピント距離表示が利用できません。距離エンコーダー非対応なのか、レンズのファームウェアアップデートで改善するのかは不明。

RFシステムの面白い選択肢

肯定的見解

ココがポイント

  • RFシステム貴重なサードパーティ製AFレンズ
  • ミラーレス用85mm F1.4としてはお手頃価格
  • 比較的コンパクト
  • ミラーレス用85mm F1.4としては最軽量
  • 金属製のしっかりとした外装
  • 防塵防滴仕様
  • 最新ファームウェアでR5・R6のボディ内手ぶれ補正に対応
  • まずまず高速なAF
  • Lens StationでAFやMFの微調整が可能

価格を考慮するとしっかりとした大口径ポートレートレンズ。Tinyシリーズのように極度の安っぽさは感じず、長く付き合えそうな作りとなっています。

互換性にはほぼ問題が無く、オートフォーカスは高速で快適。R5のボディ内手ぶれ補正も利用可能です。そして必要があればファームウェアアップデートで修正可能。AFの微調整やMFリングの感度操作にも対応しているのでLens Stationは買っておくべきアイテム。

批判的見解

ココに注意

  • 絞りリングやコントロールリングが無い
  • フッ素コーティング非対応
  • ファームウェアアップデートに別売りアクセサリー必須
  • ブリージングが大きい
  • ピント距離表示が使えない
  • 無限遠の精度が悪い(調整可能)

致命的な問題は無いものの、Lens Stationがやたら高かったり、ピント距離表示が使えなかったり、無限遠の精度が初期状態で甘かったり、微妙に「ん?」と感じるところがありました。この辺りはサードパーティ製レンズの宿命か。特にRFレンズのサードパーティ製レンズは始まったばかりなので、注意が必要。

総合評価

管理人
満足度は90点。
Lens Stationの価格設定には不満が残るものの、価格なりに楽しめるレンズに仕上がっています。何より、いち早くRFマウントのAFレンズを投入した点は大いに評価したいところ。

今後は解像力チャートを使ったテストや遠景解像、諸収差のテスト結果を公開予定。乞うご期待

購入早見表

AF 85mm F1.4 RF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
Lens Station キヤノンRF用
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER