Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

キヤノンのAPS-C用「18-55mm F2」「16-70mm F2.8」の特許出願

2020年12月3日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開。APS-C対応の大口径標準ズームですね。「18-50mm F2」「16-70mm F2.8」二つのタイプが示され、どれもインナーズームとなっているのが印象的。

18-55mm F2

  • 【公開番号】特開2020-194056(P2020-194056A)
  • 【公開日】2020年12月3日
  • 【発明の名称】ズームレンズおよび撮像装置
  • 【出願日】2019年5月28日
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】 本発明は、例えば、小型、大口径、および高い解像性能の点で有利なズームレンズを提供することを目的とする。

実施例1 実施例2 実施例3
焦点距離 18.51-55.00 16.51-68.00 19.01-50.00
F値 2.06 2.80 2.05-2.06
半画角 37.10-14.28 40.30-11.63 36.38-15.64
像高 14.00 14.00 14.00
全長 250.01 223.02 225.07
BF 12.95 24.40 13.38
実施例4 実施例5 実施例6
焦点距離 18.51-55.00
F値 2.06
半画角 37.10-14.28
像高 14.00
全長 235.03
BF 12.94

APS-C用の非常に明るい標準ズームレンズや、これまで以上に光学倍率の高いF2.8ズームレンズの実施例が確認できます。フランジバックが短く、APS-Cミラーレス向けだと思われますが、これがRFマウントのスチルカメラ用となるのかは不明。

興味深いことに、全長が固定されたインナーズームタイプの光学設計となっています。ズーム操作でレンズが伸びないのは利点ですが、元から全長が非常に長いのは悩ましいところ。シグマ「18-35mm F1.8 DC HSM」であのサイズですので、18-55mm F2のインナーズームで巨大化するのは必至。

どちらかと言えばSuper35センサーのシネマEOS向けのレンズに見えます。既にEOS C70のようなRFマウントのシネマEOSが登場しているので、対応する高価な大口径ズームレンズなのかなと。

参考:現行のRFマウントレンズ

RF ズームレンズ

RF 単焦点レンズ

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER