SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

シグマ「35mm F2 DG DN」は隅までシャープでボケもで綺麗なレンズ

Camera Labsがシグマ「35mm F2 DG DN」のレビューを掲載。小型軽量ながら、解像性能は35mm F1.2 DG DNに近いとのこと。ボケ量はF1.2ほどではありませんが、滑らかなボケ描写と評価している模様。

プレミアムコンパクト

Camera Labs:Sigma 35mm f2 DG DN review

  • レンズの紹介
    ・フルサイズ対応のコンパクトな単焦点レンズだ。
    ・ソニーEとライカLマウントで利用できる。
    ・24mm F3.5・45mm F2.8・65mmF2を含めた4本は全てContemporaryラインの「Iシリーズ」に属するレンズである。
    ・ソニーEマウントで35mmは非常に競争が激しい焦点距離だ。
    ・Lマウントにおける競合レンズは同社の「35mm F1.2 DG DN」くらいである。
  • ビルドクオリティ
    ・数多くの最新ミラーレス用レンズとは異なるデザインだ。
    ・ビンテージレンズを彷彿とさせる金属構造のコンパクトな鏡筒である。
    ・個人的にはソニーよりもレトロなデザインで好みだ。
    ・防塵防滴仕様である。
    ・フィルター径は58mmだ。
    ・金属製レンズフードが付属する。
    ・マグネット式レンズキャップは収納中に脱落することは無かった。
  • 携帯性
    ・直径70mm、全長65mm、重量325gのレンズだ。
    ・FE35mm F1.8より45g重いが、どちらも小型軽量なレンズに違いない。
    ・35mm F1.2 DG DNは重いレンズだ。比較してこのレンズはお散歩レンズに適している。
  • 操作性
    ・クリック感のある絞りリング・非常に滑らかなフォーカスリング・分厚いAF/MFスイッチを備えている。
  • オートフォーカス
    ・高速かつ正確に動作する。
    ・実質無音だ。
    ・撮影距離27cmまで寄ることが可能だ。ソニーと比べると5cm長いが、それでも非常に有用である。
  • マニュアルフォーカス
    ・記載なし
  • 手ぶれ補正
    ・記載なし
  • 解像性能
    ・中央はF2から非常にディテール豊富だ。
    ・F2.8まで絞るとシャープネスは僅かに向上するが、これ以上は改善しない。満足のいく性能だ。
    ・四隅もF2から文句なしだ。中央との大きな違いは周辺減光くらいなものだ。
    ・絞りによる改善効果は周辺減光くらいである。
    ・F1.2 DG DNと比べて少し画角が広い。
    ・絞り開放はF1.2 DG DNよりもシャープだ。
    ・F1.2 DG DNをF2近くまで絞ると、僅かに有利となる。ただし、等倍で確認しない限り分からないような差だ。
    ・F1.2 DG DNと四隅を見比べてもほぼ同等だ。
  • 像面湾曲
    ・記載なし(ただし作例を見る限りでは像面湾曲が見られない)
  • ボケ
    ・ボケ量はF1.2 DG DNがより多く滑らかで魅力的だ。
    ・35mm F2も撮影距離を考えると適切な被写体分離が可能となっている。
    ・F1.2をF2まで絞ったほうがボケ少し大きく、フレーム端も柔らかい。
    ・F1.2 DG DNをF2まで絞ると、35mm F2のような口径食が解消される。間違いなく利点となるが、それだけ大きく高価なレンズだ。
    ・大部分の人は35mm F2のボケに満足すると思う。
  • 色収差
    ・記載なし
  • 球面収差
    ・記載なし
  • 歪曲収差
    ・記載なし
  • 周辺減光
    ・記載なし
  • コマ収差
    ・記載なし
  • 逆光耐性
    ・記載なし
  • 作例集

総評

焦点距離とF値の組み合わせはエキサイティングとは言えないかもしれないが、手ごろな価格でコンパクトなビンテージ風の外装に最新の光学設計が組み込まれている。きちんとした光学系であり、混雑する35mmレンズの中で際立っている。

画質はとても良好で、隅々までシャープ、硬すぎない魅力的なボケを備えている。高コントラストなシーンで色収差が出ることもあるが、それ以外は文句のつけようがない。最大の問題はソニーEマウントの35mm市場が非常に混みあっていることだ。

とても個性的で強くを進めできるレンズだ。

とのこと。
作例を見る限りでは四隅まで非常にシャープな解像性能を発揮していますね。ボケはこのクラスとしてはなかなか綺麗で柔らかい描写に見えます。

ただし、他のサイトの作例を確認すると、撮影距離によっ少し硬調な描写となる場合があるので要確認。個人的には45mm F2.8よりも少し硬いボケのように見えました。

価格設定が純正並のため、悩ましいところですが、ビルドクオリティや操作性も評価すると検討する価値がありそうです。

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER