Nikonレンズ Nikon標準レンズ Nikon関連の情報 Z NIKKOR レンズ 機材の噂情報・速報 海外の評価

ニコンNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctは絞り開放から立派な解像性能と素敵なボケ描写を併せ持つ【海外の評価】

【広告】オリンパス直営店でPEN-Fボディ・レンズキットが在庫限定で販売中
【広告】フジヤエービックで一部ソニー製レンズのアウトレット商品が復活

スポンサーリンク

Digital Camera Worldがニコンのミラーレス用交換レンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」のレビューを掲載しています。

Nikon Nikkor Z 58mm f/0.95 Noct review

  • 約2Kgの大きなレンズだ。
  • 8,000ドル以上と、標準単焦点レンズとしては非常に高価である。
  • AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II」よりは小さく軽量だ。
  • NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」と同じくOLEDパネルとFnボタンを備えている。我々はこれだ大好きなので、このシステムを備えたレンズをより多く投入すべきだ。
  • マニュアルフォーカスリングのストロークは非常に長い。最短撮影距離から無限遠まで操作するのがとても長く感じる。実際のところ360度近く、とても正確なフォーカス操作が可能である。F0.95のレンズにとって必要なMF精度と言える。
  • フォーカスエイドでMF操作のアシストが可能だ。しかし、出来れば成功率を高めるために三脚を使いたい。
  • フォーカスブリージングの影響が強いので注意する必要がある。
  • 中央領域は絞り値全域で非常にシャープだ。F0.95でさえシャープである。周辺や四隅も絞り開放から立派なパフォーマンスだ。F2.8まで絞れば中央と同等になる。これは非常に貴重な性能だ。
    ただし、ピークのシャープネスは「NIKKOR Z 24mm f/1.8 S」のほうが少し良好だ。
  • 色収差補正は絞り開放から実質ゼロだ。
  • 歪曲収差は色収差と同じくほとんど発生していない。光学的にゼロ歪曲となっている完璧な補正状態だ。

大きく重いレンズだが、我々が想像していたほどでは無い。驚くべきボケ量と美しい描写はポートレートのプロフォトグラファーにとって垂涎の的だ。非常に高価だが、常にバックオーダーを抱えるレンズとなるだろう。

長所:驚異のF0.95・OLEDパネル・長ストロークのフォーカスリング

短所:サイズ・価格・テクニカルな浅い被写界深度の運用

Digital Camera World:Nikon Nikkor Z 58mm f/0.95 Noct review

とのこと。
非常に高価な標準レンズであるにも関わらず、受注生産のバックオーダーを抱えすぎて受付中止しているF0.95レンズですね。2019年10月末に受付を中止して以降、2020年1月現在まで受け付けは再開していません。注文数が多いのか、生産効率が非常に悪いのか、そのどちらもなのか…。

高価なうえに入手も困難なレンズですが、描写性能は確かみたいですね。既にテスト個体を手にしたレビューサイトの多くは高評価となっています。特に絞り開放から四隅まで良好な解像性能を維持しているのは凄いですね。非常に浅い被写界深度を操作する必要はあるものの、使いこなせば他のレンズとは一線を画すボケ量を活かすことが出来そうです。

ニコンNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct交換レンズデータベース

関連レンズ

Zマウント

一眼レフ用

関連記事

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Nikon Z 最大4万円 -2020/3/31 2020/4/17
SONY GM 1万円 -2020/3/31 2020/4/14
E-M5 III 最大1.5万円 -2020/3/31 2020/4/14

-Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, Nikon関連の情報, Z NIKKOR, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.