Nikonレンズ Nikon関連の情報 Z NIKKOR レンズ 噂情報

ニコンのロードマップの35mmは「NIKKOR Z 35mm f/1.2 S」となる可能性が高い?

Nikon RumorsがNIKKOR Zレンズロードマップの「35mm S-Line」が「NIKKOR Z 35mm f/1.2 S」になると情報を得た模様。

Nikon Rumors:The next Nikkor Z 35mm S-line lens will be f/1.2 (plus new drawings of upcoming lenses)

先日ロードマップに追加されたNIKKOR Z 35mm S-LineがF1.2であることを確認したとするタレコミがあった。また、最近ニコンUSAのサイトにアップされたレンズの図面の大きさと形から、なんとなく推測したモックアップが以下の通りだ。また、ロードマップ中の85mm SもF1.2になると噂されている。100%確実ではないが、135mm S-LineはF1.8なる可能性が高い。

訳注:モックアップであって実際の製品画像ではありません。)

とのこと。
以前からF1.2レンズになると噂されていましたが、Nikon Rumorsは独自の情報源から35mm F1.2となる可能性が高いという情報を得た模様。価格設定が現行の50mm F1.2と同程度となるのか気になるところですね。また、85mmはF1.2、135mmはF1.8となる可能性が高いようです。

まぁ、これはニコンが公開したロードマップから予想していた人は多いのではないでしょうか。上から超大口径のF0.95、次にF1.2m、そしてF1.8の単焦点レンズを並べているように見えます。35mm F1.2・85mm F1.2・135mm F1.8が登場すると考えていた人は多いはず。噂では先に85mmが登場すると言われていますが、いつ頃登場するのか気になるところですねえ。

ちなみに、Nikon USAではレンズロードマップの新レンズについてシルエットを公開しています。この通りとなるか不明ですが、26mmは非常にパンケーキなレンズとなるみたいですね。個人的には大口径レンズよりも注目している製品だったりします。

噂のまとめ

Nikon Rumorsなど

  • NIKKOR Z 600mm f/4 TC:2022年後半
  • NIKKOR Z 85mm f/1.2
  • フルサイズカメラ:2022年内 ・8月

信憑性不明の情報

  • Z 8 ・積層型4500万画素 CMOSセンサー ・EXPEED 7プロセッサ ・縦位置グリップのないZ 9 ・魅力的な価格 ・2022年9月~10月 (how2fly) ・2023年春(Nikon Rumors)
  • Z 7III ・6,750万画素 裏面照射型CMOS
  • Z 6III ・3350万画素 裏面照射型CMOS
  • Z 5II ・2423万画素 裏面照射型CMOS

参考:ニコンZレンズロードマップ

参考:Zレンズ一覧

Z ズームレンズ
Z 単焦点レンズ
Z DXレンズ

ニコン関連記事

-Nikonレンズ, Nikon関連の情報, Z NIKKOR, レンズ, 噂情報
-