Canonレンズ Canon中・望遠レンズ Canon広角レンズ RFレンズ カメラ レンズ

キヤノンは近いうちに「RF70-400mm F5.6-7.1 IS USM」「RF16mm F2.8」を発表する?

Canon RumorsがキヤノンRFレンズに関する噂情報を発信。既に3本の未発表レンズが認証機関に登録されており、「RF14-35mm F4L IS USM」に加えて「RF70-400mm F5.6-7.1 IS USM」「RF16mm F2.8」が登場するかもしれないと言及しています。

Canon Rumors:Announcement Soon: Canon RF 16mm f/2.8 and Canon RF 70-400mm f/5.6-7.1 IS USM

長い間噂になっていた「RF14-35mm F4L IS USM」は、今週初めに報じられたように、近日中に発表される予定だ。

また、キヤノンは近い将来、RF70-400mm F5.6-7.1 IS USMを発表する予定だ。これは非Lレンズである。このレンズのF値はまだ裏付けできていないが、ロードマップではF5.6-7.1 IS USMと報告している。

3本目のレンズは、RF16mm F2.8の単焦点レンズになる。これは非L型の単焦点レンズで、今までロードマップに登場していないものだ。このレンズは、フルサイズセンサー用の興味深いレンズであり、もしAPS-C RFマウントカメラが登場するなら、これは素敵でコンパクトな25mm F2.8になるだろう。

とのこと。
既にキヤノンは未発表レンズを海外認証機関に3本登録しており、噂が本当だとすると「RF14-35mm F4L IS USM」に加えて「RF70-400mm F5.6-7.1 IS USM」「RF16mm F2.8」が登場するかもしれない模様。手ごろな価格の望遠ズームはRFシステムに欠けていたピースなので重宝しそうですね。開放F値はやや暗めですが、EOS RシリーズのAF性能であれば低照度での撮影以外では問題無さそう。一般的な100-400mmと比べて、どれほど小型軽量化されるのか?
16mm F2.8はフルサイズに対応するとなると超広角単焦点ですが、ミラーレス専用設計でどのようなレンズサイズとなるのか気になるところですねえ。

噂のまとめ

  • 最新の商品リストに以下の2点が掲載されている
    ・「RF14-35mm F4 L IS USM」(4857C005)
    ・「EW-83P」(4859C001)
  • キヤノンの未発表レンズが認証機関に登録されている
    ・「4857C005」
  • 7~8月に登場と噂
  • 近いうちに以下の2本が登場する
    ・RF70-400mm F5.6-7.1 IS USM
    ・RF16mm F2.8

参考:EOS R関連の噂情報

EOS Rカメラに関する噂

ボディ

  • EOS R3
    ・開発発表済み
  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS RPに代わる新しいエントリーモデル
    ・EOS RPよりも低価格
    ・2021年前半
    ・999ドル以下
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • EOS RP後継の上位ボディ
    ・EOS RPよりも高価
    ・EOS R6とRPの中間
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • APS-C RF
    ・2021年発表の可能性がある
    ・2021年後半
    ・静止画と動画の両方で訴求力がある
    ・EOS RPより小さくなるわけではない
    ・RF-Sレンズの計画はない
    ・新型APS-Cセンサー
    ・新型APS-Hセンサー
    ・2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
    ・DIGIC Xプロセッサ
    ・デュアルピクセルCMOS AF II
    ・4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
    ・5軸ボディ内手ぶれ補正
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF14-35mm F4L
    ・次に登場する新レンズ
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF100-400mm f/5.6-7.1 IS USM
    ・このコンシューマーグレードのレンズは2021年第2四半期の終わりに発表される予定だった
    ・少なくとも6か月は延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年
  • RF200-500mm F4 L IS USM
    ・2022年

参考:現行のRFレンズ一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, Canon広角レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ