Samyangレンズ カメラ レンズ

Dustin Abbottがサムヤン「AF 35mm F1.8 FE」のサンプルイメージを公開

Dustin Abbottがサムヤン「AF 35mm F1.8 E-mount」のサンプルイメージを公開。小型軽量で低価格な35mm F1.8レンズとしては良好な描写に見えます。

コストパフォーマンス抜群

Dustin Abbott:Samyang AF 35mm F1.8 FE Image Gallery

ミラーレスはこれまで主に小型センサーとコンパクトなレンズが主流だったが、高解像フルサイズセンサーに対応する大きなプロフェッショナルグレードのレンズが増えてきた。そしてそれはこれまで以上に多きなる傾向がある。

高画質ならサイズを気にしない人もいるだろうが、このような傾向に抵抗がある人もいるだろう。

サムヤンは18mm F2.8・45mm F1.8・75mm F1.8のようなコンパクトレンズをリリースしており、私は個人的にこれら所有している。コンパクトだが、非常に良好な光学性能を備え、オートフォーカスも良好だ。

今回の35mm F1.8はこのシリーズの追加される美しい小さな単焦点レンズである。ソニー「α7C」リリースのタイミングで登場したのは偶然だが、コンパクトシステムを形成するうえで魅力的な選択肢となるだろう。

現在レビューを作成中であり、ひとまずこのレンズで撮影した写真をご覧あれ。

とのこと。
ミラーレスを「小型軽量」システムとして考えた時に、非常に相性の良いTinyシリーズのレンズですね。同シリーズは既に3本がラインアップされ、4本目となる今回は使いやすい35mmの焦点距離を採用したコンパクトレンズとなっています。

「35mm F1.8」は数あるソニーEマウントレンズの中でも貴重な存在。今のところ「FE 35mm F1.8」くらいしか競合のAFレンズは存在しません。売り出し価格は5万円を切っており、ソニー純正よりもいくらか安く購入することが可能。特殊レンズはこの価格帯としては贅沢に使っており、コストパフォーマンスの良い光学性能が期待できます。

実写作例はリサイズされているので解像性能を確かめるには不向きですが、ボケ描写、色収差、逆光耐性などを確認できる作例が揃っています。色収差は撮影距離によっていくらか目立つように見えますが、目立たない場合もあるのでもう少し他の作例を見てみたいところ。

ボケは比較的柔らかく良好な描写に見えます。複雑な背景や四隅ではいくらか硬調ですが、この傾向はE35mm F1.8などでも見られます。Flickrでも専用のグループページにユーザー投稿が始まっているので確認してみると良いかも。

Tinyシリーズらしく、小型軽量なレンズに仕上がっているため「α7C」との相性はバッチリだと思われます。既に国内代理店でも予約販売が始まっており、私もα7C用にひとつ注文しています。レンズが届いたら組み合わせて実際に写りを確認してみる予定。

AF 35mm F1.8交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER