Samyangレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

サムヤン「AF 35mm F1.8 FE」は小型軽量ながら優れたシャープネス

【広告】カメラのキタムラ 中古クリアランスセール

Lesnumeriquesがサムヤン「AF 35mm F1.8 E-mount」のレビューを公開。周辺減光や絞り開放の均質性が欠けているものの、小型軽量で優れたシャープネスを備えていると評価しています。

バランスの良い35mm

Lesnumeriques:Test Samyang AF 35mm F1.8 FE : un bonne optique abordable et passe-partout pour hybrides Sony

  • レンズの紹介
    ・ソニーEマウントにはサムヤン製のAFレンズが11本存在する。焦点距離は14mmから85mmまでをカバーし、開放F値はF1.4~F2.8だ。
    ・35mmは既に「F2.8」「F1.4」のレンズを投入している。このレンズは2つの間に収まるF1.8レンズである。
    ・399ユーロと手ごろな価格設定だ。
  • ビルドクオリティ
    ・高品質なプラスチック製筐体だ。
    ・サムヤンらしい赤いリングが装飾されている。
    ・側面のカスタムスイッチの設定を変更するには59ユーロで別売りされているLens Stationが必要となる。
    ・防塵防滴仕様のレンズだ。
  • 携帯性
    ・全長63mm、重量210gと大きくないレンズだ。α7 IIIやα7Cと組み合わせてバランスが崩れることはない。
  • 操作性
    ・側面のカスタムスイッチにより、フォーカスリングを絞り操作に変更したり、MFへ切り替えることが可能だ。
    ・フォーカスリングの滑らかさと抵抗量はバランスが取れている。絞りリングとして使う場合には感度が良すぎる。
  • オートフォーカス
    ・ソニー製ボディとの組み合わせで完全に動作する。
    ・瞳AFは動物を含めて我々の期待に応えるものだ。
  • マニュアルフォーカス
    ・記載なし。
  • 手ぶれ補正
    ・手ぶれ補正は搭載していないが、ボディ側の補正機能を利用することが出来る。
  • 解像性能
    ・α7R IVと組み合わせてテストした。
    ・驚くべきシャープネスだ。低価格ながら、6100万画素のα7R IVで使用しても問題無い。
    ・非常に説得力のある性能であり、絞り開放から中央の画質は悪くない。周辺や四隅の画質は落ち込むので、最良の結果を得るにはF4まで絞ると良いだろう。
    ・F8以降は画質が急速に低下する。
    ・同社のAF35mm F1.4 FEよりも優れた結果だ。
  • 像面湾曲
    ・記載なし。
  • ボケ
    ・中央のボケは完璧だが、四隅に向かって口径食の影響があり、不自然な描写が目立つようになる。
    ・後ボケはとても柔らかい描写だ。
  • 色収差
    ・色収差は良好に補正されているが、絞り開放時にパープルフリンジが発生する可能性がある。F4まで絞れば解消する。
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・それほど強くないが、収差は残っている。
  • 周辺減光
    ・周辺減光はF1.8でかなり目立ち、絞っても解消することはない。
    ・色収差や歪曲と異なり、周辺減光はカメラ内で補正されない。
  • コマ収差
    ・記載なし。
  • 逆光耐性
    ・記載なし。

総評

ソニーEマウントにおいて、35mmレンズは激戦区だ。このレンズは小型軽量で防塵防滴、そして非常に優れたシャープネスを備えており、激戦区でも戦えるレンズに仕上がっている。周辺減光の管理や絞り開放の性能には少し欠点があるが、ソニー純正に匹敵する性能だ。より大口径のAF35mm F1.4も存在するが、このレンズほどシャープでは無く、防塵防滴仕様でもない。

長所:F1.8・防塵防滴・良好なシャープネス・応答性の高いAF・コントロールスイッチ

短所:手ぶれ補正なし・ボケが完璧ではない・目立つ周辺減光・AF/MFスイッチがない・Lens Stationの価格が高い

とのこと。
周辺減光が目立つものの、使い勝手の良い35mmレンズに仕上がっているみたいですね。価格はソニー純正よりも安く、外観やビルドクオリティを許容できれば面白い選択肢となりそう。特にα7Cのようなコンパクトモデルと相性が良さそうですね。

私はFE35mm F1.8AF35mm F1.8 FEどちらも使ってみましたが、接写時の解像性能はサムヤンのほうが安定していると感じました。コマ収差補正も比較的良好です。
その一方で逆光耐性やAF、ビルドクオリティはソニーのほうが明らかに優れているので、自分自身の使い方に最適なほうを選ぶと良いでしょう。

さらに「35mm F1.8」のカテゴリには「SIGMA 35mm F2 DG DN」や「VILTROX 35mm F1.8」が新たに加わります。シグマの35mmは価格帯が異なるものの、VILTROXは強力なライバルとなる可能性あり。

AF 35mm F1.8交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER