Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ レンズ 特許情報

逆光耐性を意識した20mm F1.8・28mm F1.8・24mm F1.8に関するキヤノンの特許出願

2022年8月22日付けで「RF20mm F1.8」「RF28mm F1.8」「RF24mm F1.8」を想定したようなキヤノンの特許出願が公開。逆光耐性に配慮した光学系に関する特許のようですね。

概要

  • 【公開番号】P2022122047
  • 【公開日】2022-08-22
  • 【発明の名称】光学系、レンズ装置、撮像装置
  • 【出願日】2021-02-09
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】 不要光による影響が少なく高い光学性能を有する光学系を提供すること。
  • 【背景技術】
    【0002】
    撮影光学系の更なる高性能化と小型化が求められている。
  • 【0005】
    光学系の高性能化を図ろうとする場合、光学系を構成するレンズの枚数が増加する。一方、光学系の全長を短縮して小型化を図ろうとすると、光学系を構成するレンズ同士の間隔や光学系と撮像面との間隔が短くなる。これらの結果として、各レンズ面で光が反射することによって生じる不要光(ゴースト)が撮像面に到達し易くなる。
  • 【0007】
    そこで、本発明は不要光による影響が少なく高い光学性能を有する光学系を提供することを目的とする。

実施例1

  • 焦点距離:28.60
  • F値:1.85
  • 半画角:37,1
  • 像高:20.15
  • 全長:81.00
  • バックフォーカス:13.20

実施例2

  • 焦点距離:20.60
  • F値:1.85
  • 半画角:46.4
  • 像高:18.71
  • 全長:84.87
  • バックフォーカス:11.00

実施例3

  • 焦点距離:24,72
  • F値:1.85
  • 半画角:41.2
  • 像高:19.34
  • 全長:81.00
  • バックフォーカス:11.00

レンズ構成やパラメータを見る限りでは「RF24mm F1.8 MACRO IS STM」用の特許に見えますね。以前も似たような光学系の特許出願が存在しましたが、今回は同光学系が逆光時のゴースト低減に配慮した光学系の特許となっています。小型軽量化の特許は他社でもよく見ますが、逆光耐性に関する光学系の特許は珍しいですねえ。発売前の24mm F1.8に関する実写作例はまだまだ少ないものの、特許を出願するほどの逆光耐性がどれほどのものか気になるところ。

実施例を確認すると、前回と同じく像高がフルサイズセンサーに足りないことが分かります。収差図を見ても明らかな残存する歪曲収差を補正する際に、足りない像高分を引き伸ばす前提の設計であるように見えます。プロファイルによる補正は必須と言えそうです。実施例には20mm F1.8や28mm F1.8が存在するものの、24mm F1.8が登場しているので、このまま実用化するのかどうか現在は不明。個人的に28mmの単焦点レンズが好みなので、そのうちRF28mm F1.8 MACRO IS STMも実用化してほしいですねえ。

キヤノン RF24mm F1.8 MACRO IS STM 最新情報まとめ

RF24mm F1.8 MACRO IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古在庫を探す

参考:RFマウントレンズ一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ
RF-S レンズ

特許関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, レンズ, 特許情報
-