Nikonレンズ Nikon標準レンズ Nikon関連の情報 Z NIKKOR カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

ニコン「Z 24-105mm F2.8-4 VR」「FT 12-40mm F2.8-4 VR」などを含む特許出願

2021年3月25日付けでニコンの気になる特許出願が公開。「Z 24-105mm F2.8-4 VR」となりそうな実施例をはじめ、「DX 16-50mm F2.8-4」やフォーサーズ向け「12-40mm F2.8-4」なども存在します。

  • 【公開日】2021年3月25日
  • 【発明の名称】変倍光学系及び光学機器
  • 【出願日】2020年12月22日
  • 【出願人】
    【識別番号】000004112
    【氏名又は名称】株式会社ニコン
  • 【課題】小型で、合焦時の像倍率変化が小さく、良好な光学性能を有する変倍光学系及び光学機器を提供する。

実施例1 実施例16
焦点距離 24.70-82.45 24.7-102.0
F値 2.88-4.12 2.9-4.1
半画角 41.2-14.4 82.4-23.5(2ω)
像高 19.55-21.63 19.2-21.6
全長 143.097-175.036 145.2-196.8
BF 25.126-43.854 14.9-43.9
実施例7 実施例34
焦点距離 16.48-58.20 12.4-40.8
F値 2.85-3.99 2.9-4.1
半画角 40.8-13.6 82.3-29.6
像高 12.66-14.25 9.3-10.8
全長 97.178-130.072 71.9-93.6
BF 13.112-39.181 17.0-37.0

各種センサーサイズの「F2.8-4」標準ズームレンズに関する特許出願ですね。実施例の中にはフルサイズ・APS-C・フォーサーズ・1型に対応する光学系が示されています。ニコンがフォーサーズ向けのレンズに関する実施例を掲載するのは珍しいですね。普通に考えると、ロードマップ上に存在する「24-105mm S-Line」を想定した特許だと思われます。ニコンではお馴染み開放F値変動タイプで比較的明るい「F2.8-4」を採用しているのが面白い。

注意点はどれもイメージサークルが広角側で対応フォーマットをカバーしていないこと。おそらく、歪曲収差を補正する流れで四隅を大きく引き伸ばす可能性あり。この手法はキヤノンなども採用しており、四隅の画質は少し低下する可能性があります。ニコンがこの方式を採用するか今のところ不明(S-Lineでがっつり補正の入る光学系を採用するかどうか)。

フルサイズミラーレスで比較的明るい開放F値変動型ズームと言えばタムロン「28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD」ですが、ニコンも同じように広角側で明るいF値を実現しようとしているのかもしれません。噂でも「24-105mm F2.8-4」と言われています。

参考:ニコン現行レンズとロードマップ

Z ズームレンズ
Z 単焦点レンズ
Z DXレンズ
ロードマップ

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, Nikon関連の情報, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER