SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

シグマ「35mm F2 DG DN」は6100万画素のα7R IVにも十分耐えうる解像性能

DPReviewがシグマ「35mm F2 DG DN」のレビューと作例を公開。6100万画素のα7R IVにも十分耐えうるシャープネスとソニーよりも少し滑らかなボケを得られるレンズと評価している模様。

高解像でボケも滑らか

DPReview:Field review: Sigma 35mm F2 DG DN

  • レンズの紹介
    ・E/Lマウント用のコンパクトな準広角レンズだ。F1.2レンズよりも小型軽量でリーズナブルだが、ビルドクオリティや光学性能の妥協に繋がるものではない。
    ・35mmの焦点距離はウェディングやイベントなどで、常に使用してきた。そして環境ポートレートやジャーナリズム、ドキュメンタリーや旅行にも最適である。
  • ビルドクオリティ
    ・外装はほぼ全て金属製で非常にしっかりとした質感である。
    ・使用中に傷や塗装の剥がれは発生しなかった。
    ・レンズマウント周囲に防塵防滴用のガスケット処理されている。
    ・金属製フードと樹脂製キャップに加え、マグネット式の金属製レンズキャップを備えている。
  • 携帯性
    ・サイズは「丁度いい」と形容できるものだ。ソニー製カメラとの組み合わせでバランスは良く、パナソニックのS1やS1Rと組み合わせるとレンズの重量は感じない。
  • 操作性
    ・クリック感のある絞りリングを搭載する十分なスペースがあり、フォーカスリングは本当に良好な抵抗量である。
    ・側面のAF/MFスイッチはプラスチック製だ。AF/MFを切り替えるには力が要る。
  • オートフォーカス
    ・35mmのレンズはアクションやスポーツを撮影するものではないが、イベント写真で子供などを追いかける必要がある。
    ・このレンズは決して電光石火のAF速度では無いが、最短撮影距離から無限遠まで1秒程度で移動する。通常の人間が動く速度であれば十分高速だ。
    ・コントラスト検出のパナソニック機では少し遅く感じるかもしれないが、問題とはならないだろう。
  • マニュアルフォーカス
    ・記載なし。
  • 手ぶれ補正
    ・記載なし。
  • 解像性能
    ・絞った際は6100万画素のα7R IVと組み合わせてもフレーム全体でかなりシャープだ。
    ・接写の絞り開放でも良好なシャープネスである。
  • 像面湾曲
    ・記載なし。
  • ボケ
    ・ボケはこのレンズの強みとなる。
    ・玉ボケにはかすかに輪郭が見えるものの、玉ねぎボケの兆候は無い。ただし、口径食の影響は強いので、気になる場合は他の選択肢も検討するべきだ。
    ・絞ると口径食の影響が小さくなり、円形絞りのおかげで玉ボケが角ばらない。
    ・実写ではかなり騒がしい背景でも滑らかに描写している。
  • 色収差
    ・倍率色収差は良好に補正されている。
    ・軸上色収差はかなり量が残っている。
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・収差は自動補正されるが、それでも歪曲は残存している。
    ・シンプルな樽型歪曲に見えるので補正は簡単だと思う。
  • 周辺減光
    ・自動補正されるが、それでも減光は残存している。
  • コマ収差
    ・記載なし。
  • 逆光耐性
    ・絞ると光条が発生する。絞り羽根が9枚なので、光条は18本だ。
    ・絞るとゴーストが発生する。奇妙な形状で取り除くのが難しい。ただし、太陽をフレームに入れてもコントラストは高いままだ。
  • 作例集

総評

リーズナブルで本当に頑丈なレンズだ。並外れたビルドクオリティに加え、6100万画素センサーにも十分耐えることができるシャープネスを備えている。そしてボケは滑らかだ。

ソニーユーザーにとってFE35mm F1.8よりも高価なシグマレンズを買う理由があるのか疑問に思うかもしれない。どちらも色収差の補正は完璧では無く、ソニーレンズは非常にシャープで高速AF、そして1/3段明るい。
一方のシグマはボケが少し滑らかで、ビルドクオリティや外観が好みだ。ソニーのボタンカスタマイズとシグマの絞りリングは好みが分かれると思う。

Lマウントは遥かに高価なライカSLレンズを除くと唯一の選択肢だ。LUMIX S5とのバランスは特に良好である。全体的に見て、あらゆる種類の撮影に対応した明るいレンズを探している場合はおススメしやすい。

好き:全体的に良好なシャープネス・優れたビルドクオリティ・滑らかなボケ・きちんとした光条・丁度いいサイズ

好きでは無い:色収差の補正・歪曲収差と減光・逆光耐性

とのこと。
6100万画素のα7R IVにも耐用できるコンパクトで明るい35mmレンズとなっている模様。ボケもまずまず滑らかで良好な描写に見えます。私も発売日に購入しており、概ね同意できる内容となっています。

補足しておくと、65mm F2 DG DNほどフレーム全域でシャープと言うわけでは無く、フレーム周辺部は少し絞ったほうがシャープさが増します。接写の場合は特に四隅が甘くなるので注意が必要。ボケは確かに滑らかですが、四隅は口径食と軸上色収差の影響で騒がしくなる場合があるので気を付けたほうが良いでしょう。それでもソニーやサムヤンよりコマ収差が抑えられているので使いやすいと感じています。

35mm F2クラスのレンズとしては若干高価ですが、ビルドクオリティと光学性能を考慮すると適正価格かなと。AF速度や接写性能を優先する場合はソニーFE35mm F1.8のほうが適しているかもしれません。

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER