Samyangレンズ カメラ 機材レビュー 海外の評価

サムヤン AF 35mm F1.4 II 絞ると隅までシャープなレンズ

Amateur Photographerがサムヤン「AF 35mm F1.4 II」のレビューを公開。F1.4は隅に向かって画質の低下があるものの、ボケは綺麗で、絞るとシャープな結果が得られると評価しています。

Amateur Photographer:SAMYANG AF 35MM F1.4 FE II REVIEW

外観・構造:

  • 重いレンズだが、金属製の頑丈な鏡筒に、防塵防滴仕様である。
  • 別売りのレンズステーションでレンズをカスタマイズすることができる。

携帯性:

  • 659gとかなり重いレンズだ。
  • シグマと比較して5mm長く、やや重い。
  • ソニーGMは2cm短く、135g軽量だ。
  • 重めのレンズなので、グリップの大きな新しいα7シリーズと相性が良い。
  • 古いα7シリーズやAPS-Cでは確実にバランスが崩れる。

操作性:

  • 幅広いフォーカスリングは適度な抵抗で滑らかに回転する。
  • フォーカスリングのレスポンスはノンリニアで回転速度に依存する。
  • カスタムスイッチでフォーカスリングで絞りの操作が可能だ。便利な機能だが、個人的には独立した絞りリングのほうが好みだ。
  • AFLボタンはソニー純正レンズと同様に機能する。

フォーカス:

  • 第一世代のサムヤンレンズはAFが欠点となりがちだが、幸いにも本レンズは静かで高速に動作する。
  • α7R IVとの組み合わせで低照度でもAFに迷いはない。
  • 高速移動する被写体を追いかけない限りは満足のいくパフォーマンスだ。
  • フォーカスブリージングが目立たないので動画撮影にも適している。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • F1.4から解像性能は良好だが、コントラストはかなり低い。
  • 隅に向かってシャープネスが著しく低下するが、F5.6まで絞ると隅から隅まで見事な結果が得られる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • ボケは滑らかで魅力的だ。
  • 玉ボケに縁取りは無い。

色収差:

  • 粗探しすると色収差が見つかるものの、高コントラストな状況でのみ目立つ。
  • カメラ内補正の有無にかかわらず倍率色収差は残っている。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 目に見える樽型歪曲がある。
  • Lightroomで自動補正は適用されないが、旧モデルのプロファイルをそのまま利用可能だ。

周辺減光:

  • 補正をオフにすると目立つ周辺減光が発生する。
  • F4まで絞れば大きく改善する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 太陽をフレームに入れると、フレアやゴーストの影響を受けやすい。

総評

安くはないが、優れた光学性能とオールラウンドな性能を備えた面白い選択肢だ。立派な性能を発揮し、AFは高速かつ静かである。ソニー純正のビルドクオリティや携帯性に価値を見出せないのであれば、手ごろな価格のサムヤンレンズが面白い選択肢となるだろう。

  • 長所
    ・絞り全域でとても良好な画質
    ・適度に高速で静かなAF
    ・フォーカスブリージングが最小限
    ・しっかりとしたレンズの作り
  • 短所
    ・やや大きく、やや重い
    ・絞りリングがない

とのこと。
サムヤン第二世代の単焦点レンズ「AF 50mm F1.4 II」に次いで登場した「II型」モデルですね。ただし、50mmが新しい光学系を採用しているのに対して、35mm F1.4は初期型の光学系を継承しています。この焦点距離にはソニー純正のGMレンズや、シグマ「35mm F1.4 DG DN」などが既に存在しています。シグマのコストパフォーマンスが高いので、後発のサムヤンは厳しい戦いのようにも見えますが…。

少なくともAmateur PhotographerやDCWはこのレンズについて高く評価しているようです。SABは光学性能と価格が釣り合っていないと酷評していますが、ePHOTOzineはエディターズチョイスに選ぶほど高評価。今のところ、どちらかと言えば評価が高いレビューが多い印象。

DCWのラボテストのように、絞り開放付近はフレーム隅に向かって画質の低下が見られるようです。ポートレートには好ましいかもしれませんが、細部まできちんと撮影したい風景写真では絞ったほうが良いかもしれません。絞るとフレーム隅まで安定した結果が得られ、全体的に切れ味が良くなる模様。絞ると解像性能が向上する傾向はどのレビューサイトも同じ見解であり、絞り開放の性能が許容できるかどうかが購入時に判断するポイントとなりそう。

描写に関しては同じ光学系の初期型が参考となるかもしれません。海外ではFlickrなどで確認でき、国内でもPHOTOHITOGANREFにユーザー投稿が公開されています。

サムヤン AF 35mm F1.4 II 最新情報まとめ

AF 35mm F1.4 II FE
KenkoTokina直販店
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-Samyangレンズ, カメラ, 機材レビュー, 海外の評価
-