Samyangレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

サムヤン「AF 75mm F1.8 FE」は絞り開放が甘いものの小型軽量で優れたレンズ

スポンサーリンク

Lesnumeriquesがサムヤン「AF 75mm F1.8 FE」のレビューを掲載。絞り開放における解像性能の低下を指摘しつつ、他の要素は非常に高水準と評価しています。

手ごろで小型軽量なレンズ

Lesnumeriques:Test Samyang AF 75mm F1.8 Sony FE : une très bonne performance à un prix attractif

  • レンズの紹介
    ・2020年4月に登場したサムヤン製の単焦点レンズだ。希望小売価格は429ユーロである。
    ・中望遠単焦点としては珍しい焦点距離のレンズだ。F1.8の明るさと魅力的な価格設定で注目を集めることは間違いない。
    ・手ごろな価格ながらAFに対応している小型軽量レンズである。
    ・同社のAF35mm F1.8 FEは競争の激しいセグメントだが、中望遠の競合レンズは少ない。
  • ビルドクオリティ
    ・AF35mm F1.8 FEと同じシリーズのレンズである。多くの特徴を共有している。
    ・仕上がりは良好で安っぽさは感じられない。とは言え、より高級なレンズと比べて奇跡が起きるわけでもない。
    ・フォーカスリングは心地よいが、より高価なレンズと比べて質感は劣っている。
    ・建築物には少し長いが、ポートレートには最適な焦点距離だ。
    ・防塵防滴仕様である。
  • 携帯性
    ・重量は230gと非常に軽量だ。
  • 操作性
    ・コントロールスイッチを操作することで、フォーカスリングで絞り値の操作が可能となる。
    ・将来的に他の機能を割り当てることが出来るとサムヤンは主張している。ただし、カスタマイズするLens stationは別売りである点に注意して欲しい。
  • オートフォーカス
    ・解像性能テスト時に正確なピント合わせで苦労した。
    ・瞳AFは満足のいく動作である。
    ・完全に静かな動作では無いが、気になるのは静かな環境くらいである。
  • マニュアルフォーカス
    ・記載なし。
  • 手ぶれ補正
    ・光学手ぶれ補正は搭載していない。
  • 解像性能
    ・α7R IVとImatestを使用して測定している。
    ・解像性能のピークは明らかに優れている。
    ・絞り開放では少し低下するが、それでも良好だ。
    ・フレーム端や隅は中央と比べると見劣りする。
    ・最高のパフォーマンスを発揮するのはF2.8からだ。全体的にシャープな描写を得るにはF5.6まで絞る必要がある。
    ・回折による影響が出てくるのはF16以降だ。
    ・テスト時、最初の個体は絞り開放で顕著なパフォーマンスの低下が見られた。2つ目の個体は非常に優れている。
  • 像面湾曲
    ・記載なし。
  • ボケ
    ・柔らかく良好なボケ描写だ。僅かな欠点しか見当たらない。
  • 色収差
    ・倍率色収差が多きな問題となることは無い。
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・このクラスで歪曲収差が問題となることは滅多にない。このレンズも同様で非常に良好だ。
  • 周辺減光
    ・比較的目立つのでレンズ補正を適用したい。
    ・F4まで絞ると無視できる程度となる。
  • コマ収差
    ・記載なし。
  • 逆光耐性
    ・晴天時のみならず、人工灯にも注意する必要がある。

総評

Samyang AF 75mm F1.8 FEは、ハイエンドレンズのクオリティには達していないが、その作りは非常に良好だ。また、とても小型で軽量なので、携帯・使用時に便利である。しかし、絞り開放で画質が大きく低下するのは何とかしなければならないだろう。ポートレート写真家を誘惑する単焦点レンズとしては、それだけで残念だ。それはそれとして、それ以外の部分の性能は素晴らしい。

長所:小型軽量・F1.8・F2.8-5.6での優れたシャープネス・応答性の高いAF・コントロールスイッチ

短所:均質性の欠如・手ぶれ補正なし・逆光耐性・周辺減光が目立つ・AF/MF切り替えスイッチが無い・ファームウェアアップデートには別売りドックが必要

とのこと。
絞り開放の解像性能がやや低いのはLestipのテスト結果と同傾向ですね。高画素機では少し絞って使うと良いかもしれません。手持ちの2400万画素センサー「α7 III」でテストした際は特に大きな問題はありませんでした。ボケはまずまず良好で、このクラスとしては色収差が良く抑えられているように見えます。小型軽量なレンズと言うこともあり、使い勝手は良好です。

国内では新品がおよそ4万円台で購入可能。85mm F1.8クラスと比べると少し安く、小型軽量で携帯性が優れている点は長所だと思います。個人的にLesnumeriquesほどビルドクオリティの評価は高くありません。全体的にプラスチック感が強く、同価格帯のVILTROXなどと比べると遥かに見劣りします。

これまでサムヤン製レンズをいくつか購入してきましたが、初期不良に当たる確率が高いと感じています。Lesnumeriquesも初期の個体で外れを引いたらしく、2本目の個体でテストしています。購入後は早めにレンズの動作や光学性能のチェックをしておくべき、と考えています。

ビルドクオリティと初期不良の対応を許容できるのであればコストパフォーマンスの高いレンズかなと。

AF 75mm F1.8 FEの最新情報を集めるページはコチラ

関連記事

関連レンズ

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER