SONYレンズ SONY広角レンズ カメラ レンズ

ソニー「FE 35mm F1.4 GM」の欠点はフォーカスブリージングのみ

【広告】カメラのキタムラ 中古クリアランスセール

Mobile01がソニー「FE 35mm F1.4 GM」のレビューを公開。XDリニア搭載レンズとして若干AFが遅いようにも見えますが、極めて優れた解像性能を含めて、光学性能は非常に良好のようです。

開いても絞っても変わらない解像性能

Mobile01:Sony 35mm f/1.4GM 畫質是基本 輕巧才是特異功能!

  • レンズの紹介
    ・ソニーユーザー待望の35mm F1.4 GMが遂に登場した。
    ・G Masterはこれまで高い評価を得ており、このレンズで12本目となるシリーズだ。
    ・35mmは過去に「標準焦点距離」と呼ばれている焦点距離だ。風景・日常などの撮影にとても適している。
  • ビルドクオリティ
    ・レンズ鏡筒の大部分は金属製だが、ネームプレート付近の筒がプラスチック製となっている。35mm F1.4 ZAは外装が全体的に金属製である。
    ・防塵防滴仕様である。
    ・フィルター径は67mmだ。
    ・10群14枚のうち、2枚のXAレンズと1枚のEDレンズを使用している。
    ・フード先端には衝撃を吸収するゴムカバーが付き、内側には反射を抑えるため植毛されている。
  • 携帯性
    ・このレンズの重量は524gだ。664gのα7R IVと組み合わせると1,189gとなる。軽いわけではないが、バランスはとても良好だ。
    ・レンズの直径が大きくないため、フード無しでボディに装着すると僅かに前かがみとなる。
    ・35mm F1.4 ZAはフィルターサイズが72mmであり、GMとのサイズ差は明らかだ。
    ・レンズサイズは20mm F1.8 Gや24mm F1.4 GMを彷彿とさせるものだ。
  • 操作性
    ・絞りリングはクリック/クリックレスで操作可能だ。
  • オートフォーカス
    ・400mm F2.8から採用が始まったXDリニアモーターは135mm F1.8 GMや12-24mm F2.8 GMなどでも使用している。
    ・最短撮影距離から無限遠までの移動は時間がかかるが、一般的な撮影距離1mから無限遠までは移動時間が大幅に短くなる。
    ・全体的に見てフォーカス速度は平凡だ。速いとは言えないと思う。しかし、人間を追従するには問題のないフォーカス速度だ。
  • マニュアルフォーカス
    ・このレンズには目立つフォーカスブリージングが発生している。静止画では問題無いが、動画では気を付ける必要がありそうだ。
  • 手ぶれ補正
    ・記載なし。
  • 解像性能
    ・中央はMTFにとても近い。F1.4とF8の違いは非常に良く観察しないと分からない。
    ・四隅は6100万画素のα7R IVを使ってF1.4とF8の違いが判る程度だ。
    ・F1.4でも問題無い解像度だが、最高のパフォーマンスを得るのであればF8まで絞りたい。
    ・2400万画素のα7 IIIで使う場合、F1.4とF8の違いが分からないほどにシャープだ。
  • 像面湾曲
    ・記載なし。
  • ボケ
    ・記載なし。
  • 色収差
    ・逆光下で色収差は発生するが、絞ると改善する。
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・35mmで歪曲収差は発生しにくい。とは言え、補正はオンにしておくのが良いだろう。
  • 周辺減光
    ・周辺減光は補正のオンオフに関わらず非常に目立つ。
    ・補正オンのF1.4は補正なしのF2.8と同等だ。
  • コマ収差
    ・影響は見られるが大きな問題ではない。2400万画素や4200万画素では分かりにくいような収差量だ。
  • 逆光耐性
    ・通常のテストでフレアやゴーストはほとんど見られない。逆光耐性は非常に良好だ。
    ・コントラストの高い環境で光が入るとゴーストとなる可能性がある。
    ・写真に過度な影響がない、適切なパフォーマンスだと思われる。

総評

このレンズはフルサイズミラーレス市場で”数少ない”35mm F1.4である。そして35mm F1.4としては珍しい600g以下のレンズである。これほどの軽量化は難しかったことだろう。光学性能の面では非常にシャープで、F1.4とF8の画質差が分からないほどである。これは6100万画素のカメラを使ってもほぼ同じとなる。光学性能はG Masterの名に恥じないものだ。さらに第2世代のナノARコートにより優れた逆光耐性を備えている。
ただし、色収差はいくらか後処理が必要な場面があり、フォーカシングには目立つブリージングが発生する点に注意が必要だ。

全体的に見て、G Masterシリーズらしい非常に高い光学性能を実現しつつ、小型軽量な35mm F1.4に仕上がっている。強くおススメできるレンズだ。

とのこと。
6100万画素のフルサイズセンサーでもF1.4とF8の違いが小さいと感じるほど非常に高解像なレンズに仕上がっている模様。作例を確認すると確かに絞り開放から驚くほどシャープなレンズであるように見えます。色収差は状況によっていくらか目に付くものの、後処理で簡単に補正できるとのこと。

注意すべき点があるとすればフォーカスブリージングでしょうか。デクリック機能のある絞りリングを搭載しているので、動画撮影用に検討している人も多いのではないでしょうか。実写動画を確認する限りでは、無限遠と最短撮影距離で画角に大きな違いがあるようです。
また、フォーカス速度はFE35mm F1.8ほど高速では無いように見えます。高速性が重要となるスナップやストリート写真ではAF速度をよく確認してから購入したほうが良いかもしれません。

ソニー「FE 35mm F1.4 GM」交換レンズデータベース

購入早見表

関連レンズ

関連記事

レンズサイズ比較

FE24mm F1.4 GM・FE85mm F1.4 GM

FE35mm F1.4 ZA

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, カメラ, レンズ
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER