SONYレンズ SONY標準レンズ SONY関連の情報 レンズ 機材の噂情報・速報 海外の評価

ソニーFE 50mm F1.8 価格を考慮すると優れた光学性能【海外の評価】

【広告】オリンパス直営店で「OM-D E-M1 Mark II 12-40PRO特別セット」が台数限定出品中

スポンサーリンク

CAMERA LABSがソニー製ミラーレス用交換レンズ「FE 50mm F1.8」のレビューを掲載しています。

Sony FE 50mm f1.8 review

レンズの仕様・操作性

  • ソニーEマウントで手ごろな価格のフルサイズ対応標準単焦点だ。
  • ソニーのレンズラインアップで50mmが不足しているわけでは無いが、FE50mm F1.8はとても手頃な価格設定で多くのユーザーが導入しやすいレンズである。同じく手後な価格設定の「FE 28mm F2」「FE 85mm F1.8」で単焦点レンズのシステムを組むことが可能である。
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」は数倍の価格設定である。そして「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」はさらに高価である。
  • 69×60mmと小さなレンズだ。サムヤン「AF45mm F1.8 FE」はさらに小さいが、焦点距離が異なる。重量は166gと軽量である。
  • レンズ構成は5群6枚、非球面レンズ1枚構成だ。FE55mm F1.8やAF45mm F1.8は7枚構成で3枚の非球面レンズを使用している。
  • 最短撮影距離は競合レンズと同等だ。サムヤンよりも少し良好である。
  • フィルター径はFE55mmやAF45mmと同じ49mmである。
  • 特に防塵防滴用のシーリングは施されていない。
  • フォーカスの再現性はとても良好だ。40コマの撮影でミスショットはゼロである。フォーカス速度は0.7秒で「無限遠-最短撮影距離」を移動する。これは比較的高速だ。
  • AF駆動音は聞こえない。
  • 近距離から無限遠への移動時にわずかなフォーカスブリージングが発生する。

画質

  • 軸上色収差はF2までかなり量の収差が発生する。実写でもピント手前でマゼンダの、ピント奥でグリーンの色づきが確認できる。
  • フォーカスシフトの影響は見られない。
  • シャープネス:α7R II
    ・APS-C領域までは絞り開放から良好な性能を発揮、F2.8まで絞ると非常に良好となる。
    ・フルサイズ四隅はF4~F5.6まで絞らないとソフトな描写だ。
    ・レンズはAPS-C四隅でかなりの像面湾曲を示している。
    ・FE55ZAやFE50ZAと比べて中央シャープネスやフルサイズ四隅のシャープネスが最も甘い。
  • 無限遠
    ・中央はF1.8からシャープだが、高コントラスト領域でマゼンダの色づきが発生している。APS-C領域はF4に絞るまでソフトに見え、フルサイズ四隅はF5.6まで絞る必要がある。
    ・FE50ZAの中央シャープネスが最も高く、次いでシグマ・FE55ZA・FE50と続く。
    ・APS-C領域はシグマとFE50が最もソフトで、FE55ZAとFE50ZAは同等だ。
    ・フルサイズ四隅はFE55ZAが驚くほどシャープで、FE50ZAも健闘しているが、シグマとFE50は明らかにソフトだ。
  • 絞り開放で周辺減光が目に付く。FE50ZAをF2まで絞るとより良好だ。
  • コマ収差は良好に補正しているFE50ZAより遥かに目立つ。F2まで絞ってもほぼ改善しない。
  • 玉ボケはF1.8でも円形とならず、さらに玉ねぎボケ、縁取り、ホットスポットが目に見える。ここではシグマArtが最高のパフォーマンスだ。
  • 前後のボケもシグマArtが最高のパフォーマンスである。FE50mmはFE55ZA・FE50ZAと比べても騒がしい。
  • 逆光耐性はFE55ZAと比べて明らかに見劣りする。悪くは無いが、競合レンズと比べると逆光の影響を受けやすい。

非常に小型軽量で低価格な標準単焦点であり、価格を考慮すると驚くほど優れた光学性能だ。より優れた標準単焦点が存在するものの、非常に高価である。

このレンズは低価格ながらF1.8と明るく、暗い環境での撮影やボケを大きくする際に役立つ。これからフルサイズαを始めるエントリー層にとって導入しやすい最初の単焦点レンズとなるはずだ。

長所:良好な解像性能とコントラスト・歪曲収差(プロファイル込)・小型軽量・低価格

短所:フォーカスブリージング・強いコマ収差・軸上色収差

CAMERA LABS:Sony FE 50mm f1.8 review

とのこと。
解像性能は価格なり、絞り開放の全体的なシャープネスはあまり期待しないほうが良いかもしれませんね。ただし、F5.6付近まで絞ると4200万画素のα7R IIでも良好な性能を発揮しているように見えます。

単焦点レンズで肝心のボケ味は色収差や球面収差の傾向で少し騒がしく見えますが、ボケが大きいと悪い部分があまり目立たないかもしれませんね。価格は新品で2万円台なので、キヤノン「EF50mm F1.8 STM」と比べるとやや高価。とは言え、ミラーレス用の50mm F1.8としては非常に手頃な価格設定のように感じます。

FE 50mm F1.8のレビュー作例を集めるページはこちら

競合レンズ

関連記事

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, SONY関連の情報, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.