Samyangレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 海外機材情報

海外ニュースサイトがサムヤン「AF 24mm F1.8 FE」をフライング公開

海外ニュースサイトがサムヤン「AF 24mm F1.8 FE」リリース記事をフライング公開しています。AFLボタンを搭載し、ピント位置の保存や呼び出し、無限遠への一発調整機能も搭載している模様。

cetoday.ch:AF 24mm F1.8 FESamyang präsentiert Mini-Objektiv für Sternenfotografie

  • サムヤンは、特に星の撮影に適した「AF 24mm F1.8 FE」を発表した。新しい「カスタムモード」では、フォーカスを夜空の深みに向けている。
  • 長さは71mm、重さは230gと軽量だ。
  • 本レンズはSamyang小型カメラ向け「Tinyシリーズ」を拡充するものである。
  • このレンズは特に夜空の撮影に適していると、Samyang社は述べている。カスタムモードに新しいモードを搭載。これにより、レンズを無限遠に設定して美しい星空を撮影することができる。
  • 同じく新搭載の「フォーカスホールド」ボタンは、現在のフォーカス位置を固定することができ、ユーザーが希望するフォーカス位置を保存し、後で必要に応じて呼び出すことも可能だ。
  • AF 24mm F1.8 FEは8群11枚のレンズに加え、7枚の特殊レンズ(ASP2枚、HR3枚、ED2枚)を搭載しているとサムヤンは説明している。
  • F1.8の絞りは、シャープなピントと美しい背景のボケを実現するという。
  • 9枚羽根の絞りは、自然なボケを生み出すそうだ。
  • 画角は83.7度(広角)、最短撮影距離は0.19mと短く、屋内外での使用が可能である。屋外での使用時には、5箇所に設置されたウェザーシールにより、雨や埃、雪からレンズを保護する。サイズや重さも機動力になると言われている。
  • このレンズは5月中旬からスイスで販売され、価格は577スイスフランとなる。

とのこと。
正式発表4月9日のはずですが、1日早くフライング公開してしまったのか、それとも間もなく公開されるのでしょうか?ディザー通り天体撮影向けの機能が搭載されているらしく、無限遠への調整機能やフォーカス位置のプリセット機能は風景写真でも便利そうですね。ここ最近は24mmのAFレンズが大量に登場していますが、上手いこと棲み分けできるレンズを投入してきたように見えます。

ただし、これらのカスタマイズを実施するにはおそらくLensstationが必要となるはず。7~8000円と比較的高価なアクセサリーが必要である点に注意。レンズはスイスの価格をそのまま日本円に換算すると6万円後半ですが、VAT込みだとするともう少し安くなるかもしれません。

参考:ソニーEマウント24mmレンズ

参考:サムヤン製AFレンズ

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
XF・GFレンズ 最大20万円 -2021/9/20 2021/10/4
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 最大3万円 -2021/10/4 2021/10/22
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER