Canonレンズ Canon中・望遠レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

「RF100mm F2.8 MACRO」「RF400mm F2.8」のプレスリリースがリーク

キヤノンが近日発表と噂されている「RF100mm F2.8L MACRO IS USM」「RF400mm F2.8 L IS USM」のプレスリリースと思われる説明文がリークされています。400mm F2.8はやはりEFレンズと同じ光学設計となる模様。

RF100mm F2.8L MACRO IS USM

  • 世界初×1.4の中望遠マクロレンズ
  • 最短撮影距離 0.26m
  • 絞り開放から高画質
  • 13群17枚のレンズ構成
  • 9枚絞り
  • 5段分の光学手ぶれ補正
  • 効果的なハイブリッド手ぶれ補正
  • ボディ側手ぶれ補正と協調で最大8段分の補正効果
  • SAコントロール機能搭載
  • デュアルナノAF駆動
  • コントロールリング搭載
  • 防塵防滴
  • サイズ φ81.5x148mm
  • 重量 730g

世界初の最大撮影倍率1.4倍の中望遠AFマクロレンズです。RF100mm F2.8 L MACRO IS USMは、最短撮影距離0.26mでの撮影が可能なため、細部まで鮮明に写すことができるだけでなく、操作性にも優れています。料理や宝石などの細部の撮影から、従来のマクロ撮影まで、RF100mm F2.8 L MACRO IS USMはマクロ撮影に威力を発揮するレンズです。

F2.8の開放値でも端から端まで驚くほどの高画質を実現しているのが特徴です。13群17枚のレンズと9枚羽根の絞りシステムにより、低光量でも背景をきれいにぼかした緻密な画像を得ることができ、汎用性の高いレンズです。

RFレンズは、EOS Rシリーズに搭載されているRFマウント専用に設計されているため、レンズとカメラが撮影データを共有することで、手持ち撮影時に発生する手ぶれを大幅に軽減します。静止画・動画ともに、最大5段分の手ぶれ補正効果があり、正確でクリアな画像が得られます。

搭載されている手ブレ補正機構「ハイブリッドIS」は、手持ちでのマクロ撮影において、角度やシフトによる手ブレを効果的に補正することで、ブレを軽減します。手持ちでのマクロ撮影において、手ブレを効果的に軽減し、鮮明な画像を得ることができます。

RF100mm F2.8 L MACRO IS USMは、レンズ鏡胴部にキヤノン初の調整式球面収差(SA)コントロールリングを搭載し、画像の背景のボケ味の描写を調整することができます。SAコントロールリングは、前景と後景のボケの形や性質を変えることができ、写真の印象を大きく変えることができます。マイナスに設定すると夢のようなソフトフォーカスに、プラスに設定するとバブルボケになります。SAコントロールリングは、コントロールリングやフォーカシングリングと区別できるように、レンズに3つ目のリングを追加しています。レンズの側面にはロック機構があり、SAコントロールリングを中央に固定することで、SA光学効果のない標準的な動作を実現しています。

手ぶれ補正機構搭載のEOS Rシリーズとの組み合わせでは、レンズの光学式手ぶれ補正機構とボディ式手ぶれ補正機構が連携して最大8段分のISを実現し、写真や動画の手ぶれをさらに軽減するとともに、全域で光学式手ぶれ補正とボディ式手ぶれ補正の比率を自動的に調整することで、双方のメリットを享受できます。

独立した2つのナノUSMを搭載することで、全域で高速かつ正確なピント合わせを実現しています。動きの速い被写体にも素早く対応できるほか、動画撮影時にもスムーズで静かなオートフォーカスを実現し、撮影時や再生時に自分や被写体、視覚や聴覚に影響を与えることがありません。

レンズ前面に向かって独立した「コントロールリング」があり、これをプログラムすることで、静止画・動画撮影時の露出調整を即座に行うことができます。コントロールリングでは、シャッタースピード、レンズの絞り、露出補正などの設定を直接調整することができます。静かなコントロールリングをお望みの写真家や映画監督のために、キヤノンのサービスプロバイダーがクリック機構を有料で取り外すことができます。

厳しい天候下でも安心して使用できるよう、レンズマウントやスイッチパネル、すべてのリングに防塵・防滴構造を採用しています。また、レンズ接合部やスイッチパネルにシーリングを施し、レンズ内部への水や埃の侵入を防ぎます。

RF400mm F2.8 L IS USM

  • EF400mm F2.8 IIIと同じ光学設計を継承
  • 3つの手ぶれ補正モードを搭載した5.5段の補正効果
  • スーパースペクトルコーティング
  • エアスフィアコーティング
  • RF×1.4・RF×2.0エクステンダー対応
  • フォーカスリングの感度変更可能
  • 9枚絞り
  • フォーカスプリセット機能
  • 防塵防滴
  • フッ素コーティング
  • 13群17枚
  • 最短撮影距離 2.5m
  • 最大撮影倍率 0.17倍
  • ドロップインフィルター 52mm
  • サイズ φ163x367mm
  • 重量2.89kg

EF400mm F2.8L IS III USMの光学系を継承し、絞り開放でも中央から隅まで優れたシャープネスとコントラストを発揮する高画質を実現しています。本レンズの優れた光学性能の核となっているのは、蛍石とスーパーUD(超低分散)ガラスの組み合わせです。絞り開放のF2.8では色収差を大幅に低減し、カラーフリンジの少ないシャープな画像を実現しています。これにより、光量の少ない場所でも、どんな撮影条件でもきめ細やかな描写が可能です。

RF400mm F2.8 L IS USMには、最大5.5段分の手ぶれ補正効果を持つ光学式手ぶれ補正機構が搭載されており、安定したシャープな描写を実現します。手持ちはもちろん、一脚などに取り付けて移動しながら撮影しても、光量の少ない場所や低ISO感度でもクリアな画像を得ることができます。静止画と動画の両方で、安定した撮影とシャープな画像を実現します。

3つの手ブレ補正モードにより、さまざまな撮影シーンで優れた手ブレ補正効果を発揮します。ファインダー内でISが作動しているときに補正効果が確認できる従来の手ブレ補正(ISモード1)、意図的に水平(または垂直)方向にパンニングしたときに、撮影者のパンニングの動きと垂直方向に手ブレを補正する手ブレ補正(ISモード2)、シャッターを切ったときに瞬時に補正効果が現れ、ファインダー内で補正効果が確認できない手ブレ補正(ISモード3)があります。

画質と色再現性の維持に貢献するSSC(Super Spectra Coating)と、フレアやゴーストの発生を大幅に低減するASC(Air Sphere Coating)が採用されています。RF400mm F2.8 L IS USMは、厳しい逆光の条件下でも、絞り開放で優れた画像と動画を提供し続けます。

RF400mm F2.8 L IS USMには、対応するエクステンダーRF1.4xまたはエクステンダーRF2xを装着することで、さらに被写体に近づくことができます。エクステンダーRF1.4xではF4で560mm、エクステンダーRF2xではF5.6で800mmまで有効な望遠が得られます。必要なときに必要なだけの望遠が得られるだけでなく、光量不足のときにはエクステンダーを取り外すだけでF2.8のレンズに戻すことができます。

本レンズの大型マニュアルフォーカスリングは、レンズ鏡筒に直接配置されており、3段階のマニュアルフォーカススピードを選択することで、フォーカスリングの回転を好みに合わせて調整することができます。M.Focus Speedスイッチの "1 "の位置が最も感度が高く(フォーカスリングのわずかな回転でレンズ内のピントが大きく変化する)、"2 "と "3 "の設定ではこの感度が低くなり、より細かいマニュアルフォーカスの調整が可能になりました。これは、遠くの横顔にいる人の目を切り替えるのに遅いスピードが必要な場合や、大きくて素早く動く鳥の群れの中の別の鳥にダイヤルを合わせるのに速いスピードが必要な場合に役立ちます。また、カメラの設定によっては、AF作動中でもマニュアルフォーカスが可能なので、撮影者の好みに合わせてピントを微調整することができます。

RF400mm F2.8 L IS USMは、9枚羽根の円形絞りを採用しているため、華やかで印象的なピンボケやソフトな背景を表現することができます。9枚羽根の円形絞りは、背景のボケを丸く表現することで、写真でも動画でも親しみやすさや迫力を演出し、インパクトのある仕上がりを実現します。

フォーカスプリセットにより、記憶された1つまたは2つのフォーカス距離を素早く選択できます。スポーツの定点撮影などに便利なのが、2つのフォーカス距離を記憶しておき、再生リングを回すだけで、すぐにどちらかに戻ることができる機能です。再生リングを回すだけで、すぐにどちらかの距離に戻ることができます。例えば、野球の試合でホームプレートと2塁ベースにピントを合わせておき、レンズ鏡筒の再生リングを少し回すだけで、すぐにどちらかのポジションにピントを戻すことができます。

RF400mm F2.8 L IS USMは、Lシリーズのレンズ仕様で、悪天候の中でも優れた性能を発揮する高耐久設計となっています。マウント部やスイッチ、リングなどにシールを施し、防塵・防滴構造を実現しています。RF400mm F2.8 L IS USMは、最適な環境でレンズ交換を繰り返しても、レンズをきれいに保つことができるように、特別に設計されたフッ素コーティングを前面と背面に施しています。このコーティングにより、水や油、指紋などの表面の汚れがレンズに付着しにくくなり、溶剤を使わずに素早く簡単に拭き取ることができます。

RF600mm F4 L IS USM

  • レンズ構成 13群17枚
  • 最短撮影距離 4.2m
  • 最大撮影倍率 0.15倍
  • ドロップインフィルター 52mm
  • サイズ φ168x472mm
  • 重量 3.09kg
RF100mm F2.8L MACRO IS USM(簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon
RF400mm F2.8 L IS USM(簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon
RF600mm F4L IS USM(簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon

EOS Rカメラに関する噂

ボディ

  • EOS R3
    ・間もなく開発発表?
  • フラッグシップRFカメラ EOS-R1(仮)
    ・オリンピックに向けて登場するかもしれない
    ・グローバルシャッターを実装した新型センサー
    ・R5/R6以上の画期的なAFシステム
    ・クアッドピクセルCMOS AF
    ・Canon史上最速のフレームレート
    ・2021年後半
    ・2021年めどに最上位機種を投入すると国内メディアが報道
    ・フラッグシップモデル投入前に高画素モデルが登場する
    ・新メニューシステム
  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS RPに代わる新しいエントリーモデル
    ・EOS RPよりも低価格
    ・2021年前半
    ・999ドル以下
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • EOS RP後継の上位ボディ
    ・EOS RPよりも高価
    ・EOS R6とRPの中間
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • APS-C RF
    ・2021年発表の可能性がある
    ・2021年後半
    ・静止画と動画の両方で訴求力がある
    ・EOS RPより小さくなるわけではない
    ・RF-Sレンズの計画はない
    ・新型APS-Cセンサー
    ・新型APS-Hセンサー
    ・2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
    ・DIGIC Xプロセッサ
    ・デュアルピクセルCMOS AF II
    ・4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
    ・5軸ボディ内手ぶれ補正
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • RF400mm F2.8 L IS USM
    ・間もなく登場
  • RF600mm F4 L IS USM
    間もなく登場
  • RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
    ・間もなく登場
    ・×1.4対応
    ・SAコントロール搭載
  • RF 18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF 24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF 100-400mm f/5.6-7.1 IS USM
    ・このコンシューマーグレードのレンズは2021年第2四半期の終わりに発表される予定だった
    ・少なくとも6か月は延期された
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4L IS USM
    ・2022年
  • RF200-500mm F4L IS USM
    ・2022年

参考:現行のRFレンズ一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER