PERGEAR カメラ 機材レビュー 管理人レビュー 解像力チャート

PERGEAR 35mm F1.4 レンズレビュー Vol.2 解像チャート編

「PERGEAR 35mm F1.4」のレビュー第二弾を公開。今回は恒例の解像力チャートを使い、α7R IVと組み合わせた際の近距離解像性能をチェック。

はじめに

今回はPERGEARから無償提供していただいた製品を評価しています。レビューにあたり、金銭の受け取りやテスト結果・評価への指示は一切ありません。無意識のバイアスがかかっている可能性を否定できませんが、これまでに様々な製品をレビューしてきた経験をもとに、出来る限り客観的な評価を心がけています。

PERGEAR 35mm F1.4のレビュー一覧

解像力チャート

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:ILCE-7RM4
  • 交換レンズ:PERGEAR 35mm F1.4
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • RAW出力
  • ISO 100 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェック)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性あり。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

テスト結果

絞り開放付近は全体的にソフトな描写で、解析ソフトでの検出が非常に難しくなっています。F4くらいまで絞ると中央は非常に良好な結果を得ることができますが、周辺部や隅が追いつくことはありません。実写を確認すると、それほど悪くはないように見えますが、残存する倍率色収差や非点収差が解析ソフトと相性が悪いのかなと。また、フォーカスシフトの影響が顕著に発生するので、特に絞り開放周辺は絞ってからピント合わせを実施するのがおススメです。

中央

F1.4からF2.8は非常にソフトですが、F4まで絞るとシャープネスとコントラストが大きく向上。6100万画素のα7R IVでも十分な解像性能が得られています。

周辺

基本的には中央と同じ傾向ですが、絞っても倍率色収差の影響が解消しません。このため、細部のエッジがぼやけて見えるので解析ソフトの結果が低いと予想。幸いにも倍率色収差は補正しやすいので、適切に処理することで良好な結果を期待できるはず。

四隅

周辺部と同じ。小型軽量で低価格な35mm F1.4の隅における結果としては良好なパフォーマンスを発揮しているように見えます。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F1.4 3032
F2.8 3444
F4.0 4431 2619 1052
F5.6 4478 3200 1717
F8.0 4255 3153 2066
F16 3899 2654 1926

実写確認

まとめ

絞り開放、特に近距離での撮影時は非常にソフトな描写です。ピントの山が確認できないわけではないものの、球面収差が強く、霞がかかったような柔らかい結果が得られます。個人的に球面収差が適切に残存しているレンズは好みですが、万人向けのレンズとは言えません。

開放はソフトですが、F4~F5.6まで絞ると、ピント面がグッと引き締まります。フォーカスシフトの影響に気を付けてピントを合わせると、シャープでコントラストの高い結果が得られるはず。ただし、実写では像面湾曲の影響が強くみられるので、フラットな被写体をピント範囲に収めるには想定以上に絞る必要があります。

購入早見表

PERGEAR 35mm F1.4(簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
PERGEAR Emgreat    

作例

Flickrにてオリジナルデータを公開

関連レンズ

関連記事

-PERGEAR, カメラ, 機材レビュー, 管理人レビュー, 解像力チャート
-, ,