Nikon Nikon Z Nikon関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

ニコンは年内に12本のレンズ投入を目指している?【一部修正】

DPReviewがニコンへのインタビュー記事を公開しています。積層型CMOSセンサーを搭載したフラッグシップモデルの示唆があったり、年内に12本のレンズを投入するような発言もありますね。

年内に積層型CMOS搭載ZカメラZレンズを30本まで拡充

DPReview:Interview: Nikon - "A flagship Nikon Z series mirrorless camera can be expected within the year"

ニコンにとって仙台の生産拠点からの撤退は何を意味するのか、その理由は何なのか。

これまでカメラボディは、仙台とタイで生産していた。イメージング事業の効率化を図るための事業再編の一環として、カメラボディの生産をタイに集約した。どこの工場で生産された製品であっても、ニコンが誇る高品質を保証する。出来上がった製品がお客様の期待を超え、ニコンの信頼性と使いやすさに信頼を寄せるユーザーの皆様のご期待に応えられるよう、常に時間をかけて取り組んでいる。

仙台ニコンを閉鎖する予定は無い。仙台ニコンは、今後も高機能・高精度なカメラ部品の製造、部品生産技術や高難易度機器の開発を通じて、ニコンと映像事業に貢献する。また、交換レンズについては、国内の栃木での生産を継続する。

日本からタイへの移行にはどのような課題があったのか。

カメラボディの生産をタイに集約するにあたり、最大の課題となったのは、COVID-19に伴う様々な出張規制だ。生産拠点間の技術者の移動が物理的に制限されていたため、リモート会議などの代替手段を活用して、必要な指導や教育をオンラインで実施した。

D6と同等のミラーレスはいつ頃となるのか?

ニコンのフラッグシップZシリーズは年内の登場が期待でき、D6を超えることを目標に開発が進められている。プロの高度なニーズに応えるものだ。

新開発の高解像度積層型CMOSセンサーを搭載し、幅広いジャンルのスチルフォトグラファーにとって大きな技術的飛躍となる。その一方で、8Kなど、あらゆるコンテンツクリエーターやプロのニーズに応える強力な動画機能も検討している。

8K動画はニコンの戦略とフィットするのか?

静止画撮影で求められる高解像度・高精細さは動画でも重要であるという点で、8Kは重要な機能だと考えている。今後も高解像度・高精細化の需要は拡大していくと思われ、特にニコンのユーザーの多くがハイブリッドクリエイターであることを考えると、可能性の限界を超えた魅力的な動画機能を提供することで、ビデオグラファーのニーズに応えていくことが何よりも重要だ。

また「8K」と一言で言っても「高精細な動画を撮影したい」「4K動画に切り出したい」「撮影機会を逃さないように高精細な静止画を切り出したい」など、さまざまなユーザーニーズに対応する。静止画と動画の境界線がどんどん薄くなっていく時代に、8Kは柔軟に対応してくれるだろう。

市場には様々な要望があるものの、どのような仕様を盛り込むか、企画部や開発部が日々検討している。

今日のニコンブランドとは?

当社の機材は、使いやすさとワークフローを重視し、プロの仕事の厳しさに耐えられるように作られている。自社の撮影機材が、性能と信頼性が最も重要な場所で使用されていることを誇りに思っている。

「ニコンは品質にこだわりすぎている」と思う人もいるかもしれないが、不必要に頑丈な製品を作っていないことは確かだ。すべては、ターゲットとするユーザーに最高のパフォーマンスを提供するために、慎重に最適化されている。

写真家やクリエイターにとって、絶対に見逃せない瞬間があり、機能性や性能が追いつけない環境に置かれたとき、必ずニコンに頼ることができる。それは、ニコンの技術者一人一人が、「最高のイメージング体験を提供し、ユーザーの期待を超えるものでなければならない」という信念を、妥協することなく持ち続けているからだ。

2019-20年にリリースされたいくつかのニコン製品に大幅な遅延があった理由は?

世界的なパンデミックにより、あらゆる産業、特に家電製品に影響を与えた世界的な品不足が主な理由だ。

Z 70-200mm F2.8 Sが遅れたのは、様々な要因が重なったためだが、我々の課題は、パンデミックの真っ只中(チームとサプライチェーンが制限されている中)で、製品の最終調整と品質を確保することだった。

ニコンは、出来上がった製品がお客様の期待を超え、ニコンの信頼性と使いやすさを頼りにしているユーザーの基準を満たすように、常に時間をかけている。

ニコンは世界的なパンデミックの影響をどのように調整したのか?

昨年の今頃、世界がシャットダウンして以来、ジェットコースターのような変化が起こった。重要なことは、適応し、継続的に変化することだった。

すべての業界で売上が影響を受ける中、我々は自宅で立ち往生しているコンシューマー向けのサービスを考えた。写真と教育を第一に考え、創造性を豊かにするために、複数のオンライン・コンテンツサービスを提供した。ニコンのカメラをお持ちの方には、ライブストリームを配信できる「ウェブカム」ユーティリティソフトを無料でリリースしている。

しかし、事態は急速に回復し始めている。今期は、新型ミラーレスカメラとレンズが過去最高の売上を記録しており、引き続き明るい見通しが続いている。しかし、サプライチェーンにはまだ遅れがある。

世界的なパンデミックから何かを学んだか?

人々は今もなお途方もないニーズを持っており、COVID-19は、人生の出来事を記録することがいかに重要であるかを我々に示してくれた。COVID-19にもかかわらず、フルサイズミラーレスカメラの市場は拡大している。ミラーレスカメラ、レンズともに新製品の販売が好調で、プロやアマチュア向けモデルのシフトも順調に進んでいる。

今日のレンズ設計では、光学的にどのような収差を最小化することが最も重要なのか?ミラーレス時代にデジタルで除去するのが一般的なのはどれか?

レンズには、単に光学的に優れているだけでなく、個性や風格が求められる。レンズ設計においては、クリアさと光学的優位性が非常に重要だ。当社の基準を満たす優れたレンズを実現するため、特定の収差ではなく、あらゆる収差を可能な限り小さくして、最高画質を目指している。

レンズを通してできるだけ純粋な像を作ることを重視し、「デジタル」処理は最小限にとどめている。つまり、光学的には、非常に美しく柔らかいボケ味など、他の優れた特性を持つレンズの設計に注力できる。もちろん、レンズの光学式を設計する際には、レンズのユースケースが大きく考慮される。

これからの10年、「光学の発展」という意味ではどのようなものになるのと思うか?

ニコンにとって最大の光学的進歩は、マウントの大口径化だ。Zマウントの大口径化とフランジバックのショートフランジ化により、マウント周辺の構造に余裕が生まれ、光の通り道の自由度が高まっている。これにより、焦点面位相差AF画素を搭載したセンサーに最適な入射角を実現している(これによりAFの信頼性が向上する)。

また、周辺付近の解像感の向上にも貢献している。例えば、超広角レンズは、フランジバックが短いことで、NIKKOR Z 14-24 F2.8 SやNIKKOR Z 14-30 F4 Sのような優れた描写力を持つレンズを実現している。

過去数年の間に、新素材や非球面レンズの改良、コーティングなど、光学性能に貢献する興味深い進歩があった。例えば、多くのSラインレンズに採用されているARNEOコートは、垂直方向からの入射光を排除することでフレアを軽減している。

ニコンは、常に光学技術の最先端を行く企業だ。ニッコールレンズには、何十年にもわたる光学技術の経験の中で培われた品質、色、個性があり、それをNIKKOR Zレンズでも継承し、将来的には選択肢を増やしていきたいと考えている。

次の目標は、この高い光学性能を維持しつつ、よりコンパクトで手ごろな価格のレンズを開発し、より多くの人に手に取っていただけるようにすることだ。そのためにも、非球面技術やPF技術の進化など、さまざまな新技術を検討し、実現していくことで、お客様のニーズに合った製品を生み出していきたいと考えている。

AF-Dレンズでのオートフォーカスに対応したFTZアダプターのバージョンを作る予定はあるか?

正直言って最優先事項ではない。AF-D対応のためには、専用モーターを内蔵したFTZを設計する必要がある。しかし、AF-D対応のためだけにアダプターのサイズと質量を大幅に増やさなければならない。

我々はZマウントのシステムを拡充し、そのメリットを最大化することに開発リソースを割いている。システムの互換性を重視しないわけではないし、もちろん市場の需要もあるとは思うが、ご理解いただければ幸いだ。

どのタイプのレンズが最も需要があると思うか?

発売前にニコンユーザーからの最も多かった要望は、F2.8ズームレンズ「Z 14-24mm、24-70mm、70-70mm F2.8」だ。これらのレンズを市場に投入することが最優先であり、NIKKOR Zシリーズの新レンズは次世代の画質を証明するものである。

F2.8ズームシステムが完成した今、次の課題はマイクロレンズや望遠レンズなど、カメラシステムに欠かせないレンズを投入することだ。

また、より小型で手頃な価格のレンズを求めるお客様のニーズがあると認識しており、それにも対応していきたいと考えている。ロードマップを共有してきましたが、コンパクトな単焦点レンズをはじめ、超小型・望遠レンズなど、ロードマップはユーザーの声に合わせて随時更新・修正していくので、今後も期待して欲しい。

今後の戦略に動画の展開がどれだけ重要か?

ニコンは伝統的なメーカーと思われがちだが、デジタル一眼レフカメラで初めて動画に対応したのはD90だ。今では、「レンズ交換式カメラ」で動画機能をサポートするのが当たり前になっている。以前から潜在的なニーズとして存在しており、需要が高まってきていることを歓迎している。当社では、こうしたニーズに応えていくため、強力な動画機能を搭載したカメラを開発するとともに、包括的なソリューションを検討している。

先日、Z 6IIで4K 60P記録を可能にするファームウェアアップデートをリリースしたばかりだ。これはBlackMagic RAWでの撮影が可能な数少ないカメラの一つである。これまで発表してきたレンズも動画撮影に適したものとなっている。静止画だけでなく動画も含めて、より豊かな映像表現を楽しんでいただけるよう、Zマウントシステムと光学技術で高い完成度を追求していく。

動画時のスムーズなAFを実現するため、フォーカスブリージングを最小限に抑える光学設計を目指している。マウント周辺の構造に余裕を持たせたことで、フォーカス群をマウントの近くに配置することが可能となり、画角の変化が少なく、動画への適合性が向上している。これは、大口径Zマウントと短フランジバックの利点でもある。

DXフォーマットのZマウントラインをどのように構築していくつもりか?

DXフォーマット市場は、スマートフォンの影響を受けているのは事実だ。しかし、ミドルクラスのカメラの需要が安定していることは、販売面で証明されている。より高画質を求めるユーザー層がいると認識している。

ZマウントシステムのDXフォーマットカメラとレンズラインナップは限られているが、今後はカメラとレンズのラインナップを強化していく予定だ。より多くのお客様のニーズに応えられるシステムを目指している。

DXフォーマットのレンズについては、今後も予定しており、将来的にはさらに増える可能性もある。40mmや28mmなどのFXレンズは、手頃な価格で、DXユーザーも考慮して設計したレンズである。現在のロードマップに掲載されているDXレンズは少ないかもしれないが、市場の声に耳を傾け続けている。

Z6II対Z7IIの販売バランスは今のところ予想通り?

Z 7II、Z 6II は予想を上回る販売を達成し、消費者の需要に応えるべく全力で取り組んでいる。四半期ベースで過去最高の販売台数を達成した。初代はZ 6がZ 7を大きく上回っていたが、今回は価格差があるにもかかわらず、その差はかなり縮まっている。

第2世代のZシリーズを待ち望んでいたニコンユーザーも多く、予想をはるかに上回る需要があったのには驚いた。第2世代に投入した改良点により、多くの写真家がニコンのミラーレスシステムに移行することを決意し、多くの人が移行してよかったと思っている。

Mark IIモデルの販売台数は初代と比べてどうなのか?

前期は、Z 7II、Z 6II の好調に支えられ、過去最高のミラーレス販売を達成した。ミラーレスカメラ、レンズともに新製品の販売が好調で、プロやアマチュア向けモデルへのシフトも順調に進んでいる。カメラのレビューも好評で、お客様の反応も非常に良いものとなっている。

Z 7IIとZ 6IIは、ユーザーの声をしっかりと反映した製品であり、初代の不満点を解消したことが評価されている。一方で、さらなる盛り上がりと技術の進化が求められていることも理解している。2021年も引き続きシステムの拡充と強化を図り、Zコミュニティにさらなる感動と楽しみを提供していきたいと考えている。

現在、ニコンにとって最も重要な市場セグメントは?

プロやハイアマ向けのミドル・ハイエンド製品を中心にラインアップを拡充し、より多くのレンズを市場に投入していく。

また、プロ向けのソフトやアクセサリーも含めたシステム全体を強化し、お客様に一層ご満足いただけるようにしていきたいと考えている。ただし、エントリーモデルの重要性は認識しており、今後の市場動向を注視しながら検討していきたい。

コンシューマーデジカメ市場において、最も消費者ニーズに対応していない、あるいは十分に対応できていないと思われるものは何か?

クリエイターのビジョンを実現するだけでなく、アウトプットの楽しさを最大限に引き出すソリューション。ソーシャルメディアユーザーの写真の楽しみ方は多様化している。撮影はプロセスであり、総合的な映像体験を豊かにするためには、ユーザーがどのようにアウトプットを楽しんでいるのかを理解することが重要だ。

撮影のプロセスの中での喜びを大切にすると同時に、アウトプットをどう共有するかが重要であると考えている。より良いアウトプットを実現するためのモチベーションアップにつながる仕組みを作っていきたいと考えている。

ニコンは、スマートフォンをライバルと見ているのか、写真産業の仲間と見ているのか、それとも新世代の写真家を生み出すための「入口」製品と見ているのか?

言い過ぎのように聞こえるかもしれないが、我々はスマートフォンが入口であり、チャンスだと考えている。スマートフォンはコンシューマー向けの写真産業、特にポイント&シュート市場のセグメントに大きな影響を与えている。しかし、撮影スキルが向上するにつれて、より良いものを求めたいという人々の大きな関心を生み出している。

また、人々はこれまで以上に多くの写真を共有しており、画質とカメラの性能が多くのコンテンツを引き立たせている。天の川を撮るには低照度性能、素早いアクションを撮るにはスピード、そして型破りなものを撮るにはレンズが必要だ。目を見張るような立体感のある高精細な映像は、それなりの道具がないと撮れない。

しかし、コンテンツへの投稿にはスマホを使っていると思う。それに対応するために、アプリケーション「SnapBridge」は、リリース当初から機能性と安定性を大幅に向上させている。今後もバージョンアップを続けていく予定だ。

プロフェッショナル分野においても、スマートフォンはカメラの遠隔操作や画像転送に欠かせないツールとなっている。これらと連動したアプリケーションを開発することで、高品質な画像を撮影・転送するためのワークフローをより高速かつ正確に実現し、二の足を踏むことのできない現場で働くプロのニーズに応えていきたい。

ニコンは、従来のカメラやレンズの製造以外に、何か関連する事業を行っているのか?

ニコンは、長年の伝統とノウハウを活かした事業を中心に、さまざまな事業を展開している。ニコンが100年以上にわたって歩んできた精密光学とイメージングの技術は、今後もニコンがリードするこの専門性に基づいて、ブランドを定義していきたいと考えている。B2CおよびB2Bビジネスの多様なポートフォリオを有している。

コンシューマー向けデジタルイメージング技術における次の課題は何か?

次の課題は、出力をいかにシームレスにつなぎ、ユーザーにとって楽しく感動的な体験にするかを考えることだ。ネットワークでも、編集でも、送信でも、転送でも、包括的なユーザー体験は撮影だけでは無い。

5Gの普及やAI技術によるイノベーションにより、B2Bセグメントを含めた幅広い市場で映像技術の需要が存在すると予測している。例えば、COVID-19を契機にソーシャルディスタンス化が当たり前になる中で、ロボティクスやリモートソリューションのニーズが大幅に高まっていることが分かった。これにはグループ会社MRMCがロボティクスや自動キャプチャソリューションを得意としている。

今後の製品にコンピューショナルフォト機能を取り入れる予定はあるか?

期待されている技術であることは理解しているが、今後の開発計画についてはコメントできない。

ニコンの次の一手は?

年内に、最新の画期的な技術を結集したプロ用カメラモデルを発売する予定だ。さらに、NIKKOR Zレンズのラインアップは約30本を予定している。Zマウントのシステムはより強固なものとなり、ユーザーの多様なニーズに対応できるようになるだろう。また、Zマウントシステムならではのレンズやシステムを企画し続けている。

映像の技術進歩を支える基本技術には妥協なく投資し、ユーザーの皆様に楽しく感動的な映像体験を提供し続けていきたい。また、5Gの普及やAI技術の革新により、あらゆる業界でカメラ技術が必要とされるようになると考えている。ビジネスチャンスは拡大しており、イメージングに限らず、新しい分野でもビジネスチャンスを掴み、チャレンジしていきたいと考えている。

とのこと。
非常に広範囲にわたるインタビュー記事ですが、まず注目すべきは「高解像の積層型CMOSセンサーを搭載したフラッグシップモデル」でしょうか。先だって発表されたソニー「α1」を彷彿とさせるセンサーですね。キヤノンやソニーと比べると出遅れた感のあるニコンZシステムですが、これで巻き返せるのか気になるところですね。個人的にハードウェアのみならず、ソフト的な部分も改善が必要だとは思いますが…。

次に気になったのが「NIKKOR Zレンズのラインアップは約30本を予定している」との発言。フラッグシップモデルに加え、この発言にも「年内」がかかっているのか微妙なところですが、急速なレンズラインアップ拡充が急務であるのは確か。
現行のZレンズは「16本」あり、さらにロードマップ上に示されているレンズは11本存在します。それでも30本には届かないので、残り3本がロードマップに追加、もしくは年内に登場するかもしれませんね。(訂正、下部参照
ロードマップ上には「~2022年」と記載されているので、年内の登場レンズはそこまで多くないかもしれません。それでも、2022年までとなれば平均で2か月に一度は何らかのレンズが登場することになります。

インタビュー中で「小型レンズ・マイクロレンズ・望遠レンズ」に言及しており、ロードマップ中の「28mm」「40mm」「Micro 105mm」「100-400mm」など近いうちに登場が期待できそう。個人的には28mmや40mmが登場したら真っ先に予約します。

訂正

レンズラインアップにテレコンバージョンレンズを含めるのを忘れていました。このため、現行レンズは「18本」であり、新しく投入予定のレンズは多くて「12本」となります。ロードマップ外のレンズは少ないかもしれません。

参考:ニコン現行レンズとロードマップ

Z ズームレンズ
Z 単焦点レンズ
Z DXレンズ
ロードマップ

参考:フラッグシップモデルの噂

Nikon Z 最上位モデル 最新情報・噂 まとめページ

噂など

確定情報

  • インタビューで「2021年内」と述べている
  • インタビューで「高解像積層型CMOS搭載」と述べている

  • 2021年秋ごろZ 9が登場する
  • Z 8はまだ正式に計画されていない
  • Z 9のプロトタイプは来年の東京オリンピックで使用されるかもしれない
  • Z 400mm F2.8もまた、来年のオリンピックに向けて登場すると言われている
  • Z 9はD6のボディに、R5のイメージング、α9 IIのAF、ブラックアウトフリーのEVFと言われている
  • 4600万画素センサー(以前の噂では6100万画素と言われていた)
  • 20コマ秒連写
  • 8K 30p・4K 120p
  • 新しいEXPEEDプロセッサ(8K用の設計)
  • AFが向上(被写体認識AF)
  • デュアルXQD・CFexpress Bスロット
  • ISO64-25600 Hi1・Hi2
  • 高解像・ブラックアウトフリーEVF
  • 新しいユーザーインターフェース
    ーD6のような背面サブモニタなし
  • 新型バッテリー:EN-EL18x
  • ギガビットLAN・USB-C・Wi-Fi・GPS
  • 6000-7000ドル

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Nikon, Nikon Z, Nikon関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER