Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ レンズ 特許情報

RF16-28mm F2.8・F2.8-4・F4となりそうなズームレンズの特許出願

2022年8月2日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開。「16-28mm F2.8」「16-28mm F2.8-4」「16-28mm F4」となりそうなフルサイズミラーレス用の光学系に関する特許のようですね。

概要

  • 【公開番号】P2022112179
  • 【公開日】2022-08-02
  • 【発明の名称】ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
  • 【出願日】2021-01-21
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】小型かつ広画角でありながら、ズーミングに際しての収差変動が少なく高い光学性能が得られるズームレンズ及びそれを有する撮像装置、撮像システムを提供すること。
  • 【0002】
    半画角が35度を超える撮影レンズは広角レンズと呼ばれ、広い画角を生かした広大な風景の撮影に好適である。広角レンズでは、半画角が大きくなるにつれて悪化する歪曲収差と像面湾曲を良好に補正する必要がある。
  • 【0006】
    本発明は、小型かつ広画角でありながら、ズーミングに際しての収差変動が少なく高い光学性能が得られるズームレンズ及びそれを有する撮像装置を提供することを目的とする。

実施例1

  • 焦点距離:16.45-27.50
  • F値:2.88
  • 半画角:52.70-39.08
  • 像高:19.00-21.64
  • 全長:138.01-127.30
  • バックフォーカス:14.00

実施例2

  • 焦点距離:16.45-27.50
  • F値:2.88-4.00
  • 半画角:52.740-38.91
  • 像高:19.00-21.64
  • 全長:121.56-117.50
  • バックフォーカス:14.21

実施例3

  • 焦点距離:16.45-27.50
  • F値:4.10
  • 半画角:52.69-39.09
  • 像高:19.00-21.64
  • 全長:124.60-121.49
  • バックフォーカス:14.08

ズームレンジが少し狭いものの、光学系の全長が短めの広角ズームレンズに関する特許のようですね。バックフォーカスが短く、像高の数値を考慮するとフルサイズミラーレス向け。ただし、広角側の像高が35mmフルサイズセンサーには足らないので、歪曲収差を補正する段階でクロップするものと思われます。このような傾向は他のRFレンズにも見られるものですね。実施例はそれぞれ、同じズームレンジで「F2.8」「F2.8-4」「F4」と開放F値が異なる光学系となっています。同様のズームレンジで開放F値が異なるレンズの特許出願は少し珍しい。

ここ最近登場した広角ズームレンズ「RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM」が似たようなレンズ構成となっていますね(公式の構成図は30mm時と思われます)。今回の特許の光学系よりもさらにコンパクトなレンズに仕上がっています。特許の焦点距離・開放F値と異なりますが、商品化する流れの中で叩き台となった光学系なのかなと予想。既にキヤノンは広角ズームレンズを3本リリースしているので、これ以上のラインアップ拡充は無いと思います。ただ、ショートズームで小型軽量な明るいレンズが登場すると面白そうですね。

キヤノン RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM 最新情報まとめ

RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

RFレンズ一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ
RF-S レンズ

特許関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, レンズ, 特許情報
-