SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

シグマ「35mm F1.4 DG DN」は改善点もあるが価値のあるレンズ

ePHOTOzineがシグマ「35mm F1.4 DG DN | Art」のレビューを公開。エルゴノミクスやフードのデザイン、ボケ描写に改善点があるものの、優れたシャープネスと色収差補正のレンズと高く評価しています。

ePHOTOzine:Sigma 35mm f/1.4 DG DN Art (A021) Lens Review

ビルドクオリティ:

  • 花形レンズフードには脱落防止用のロック機能がある。周囲にはツアイスと同じようなゴム製カバーを備えている。グリップを増すためのものだと思うが、ゴミが付きやすい。普通のプラスチック製フードで十分だ。
  • 幅広いゴム製フォーカスリングはフードのゴム部分と違い、ゴミが付きにくい。
  • フィルター径は67mmだ。

携帯性:

  • 654g/640gと軽量で、使用時に重く感じない。α7R IIIとの相性は良好だ。

操作性:

  • フォーカスリングは電子制御で滑らかに動作する。
  • AF/MFスイッチを搭載している。
  • 絞りリングにはクリックレスへ切り替えるスイッチがある。
  • 絞りリングには「A」ポジションで固定するスイッチがある。普通は絞りリングにロックボタンがあるものだが、このレンズは別の個所にスイッチを設けている。このため、通常は1アクションでロック解除できるところを2アクション必要だ。
  • 絞りリングは滑らかに操作できる。

オートフォーカス:

  • 記載なし。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • シャープなレンズを探しているのであれば、このレンズは最適だ。
  • 中央はF1.4からF11まで優れた結果を得ることができ、F16でも非常に良好だ。
  • フレーム端も全く同じ結果となり、F1.4からF11まで優れた性能となり、F16でも非常に良好だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 11枚の絞り羽根を持ち、絞っても綺麗なボケを維持しているかと思うが、実際にはボケが騒がしくなる。高い解像性能が影響しているのだろう。

色収差:

  • 中央の色収差は皆無で、フレーム端でも0.5ピクセルであり、実写で目に付くことはない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • -2.47%の樽型だ。一般的にはそれほど目立たないが、人工物では修正が必要となる可能性が有る。

周辺減光:

  • 絞り開放で目立つが、絞ると急速に改善する。(F1.4 -2.1EV・F2 -1.3EV)

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は良好だ。フレーム隅に光源があってもゴーストの兆候は見られない。

総評

もし、優れた色収差補正と高いシャープネスを追求し、優れた逆光性能のレンズを探しているのであれば、このレンズはその条件をとても心地よく満たしてくれるだろう。滑らかな操作性で、レンズの作りは良く、価格も適切だ。本文中で述べられているように、いくつかデザイン上のクセがあるものの、これは本当に些細なことでおそらく問題にはならない。エルゴノミクスの細部にもう少し注意を払えば、設計段階でこの問題は解決したと思う。ボケ味はやや見劣りするが、これは被写体に大きく依存する。
使っていて気持ちのいいレンズで、十分な性能を備えており、手頃な価格に見合う価値がある。

  • 長所
    ・優れたシャープネス
    ・均質性の高い描写
    ・防塵防滴
    ・低色収差
    ・優れた逆光耐性
    ・優れた絞りリング
    ・デクリック機構
    ・良好な質感
    ・良好な価格設定
    ・接写性能
  • 短所
    ・ピント距離表示なし
    ・被写界深度表示なし
    ・フードにゴミが付きやすい
    ・絞りリングの固定スイッチが使い辛い
    ・ボケが騒がしい

とのこと。
(実際にレビューしてみて)個人的にボケはそこまで見苦しいと感じなかったのですが、レンズフードがゴミ吸着装置だったり、絞りリング固定のスイッチの位置に関する指摘は同意見です。特にePHOTOzineのレンズフードは酷いことになっています。ゴミが付くと取りづらいのですよね…。

光学性能はとても良好で、FE 35mm F1.4 GMと比べて接写時の周辺解像こそ見劣りするものの、それ以外のパフォーマンスは健闘していると思います(実際に撮り比べた身として)。撮影距離によってはソニーGMよりボケが綺麗に見えるかもしれませんが、ePHOTOzineが指摘しているように、ボケが少し騒がしく見える場合もあります。ただ、騒がしく見えるシチュエーションは限られているのかなと。全体的に見て、コストパフォーマンスは非常に良好で、(買い方次第ですが)8万円台で手に入るレンズとしては優れた性能だと思います。

シグマ「35mm F1.4 DG DN | Art」交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER