【告知】10月21日 23時にソニー新製品発表会(19時に情報収集ページ開設予定)

SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

シグマ「35mm F1.4 DG DN」は手ごろな価格でキレのある描写

DPReviewがシグマ「35mm F1.4 DG DN | Art」のレビューを公開。ソニーGMほどでは無いものの、手ごろな価格で高い描写性能を備えたレンズと評価しています。総合評価で「金賞」とのこと。

DPReview:Sigma 35mm F1.4 DG DN Art field review

レンズの紹介:

  • 2012年に登場したシグマ グローバル ビジョン(SGV)シリーズ初のレンズは「35mm F1.4 DG HSM」であり、このレンズはそのフルサイズミラーレス用に新設計されたものだ。ライカLマウントのパナソニック・シグマ・ライカカメラで動作する。
  • 35mmの焦点距離と明るいF値により、ウェディングやイベント、ストリートスナップに最適だ。2012年モデルと比べて、レンズの小型軽量化は間違いなくプラスに働くだろう。
  • オリジナルの「35mm F1.4 DG HSM」は一眼レフ用の光学設計だが、このミラーレス用レンズはフランジバックの短いミラーレス用に設計されている。「85mm F1.4」ほど明らかな差は無いが、それで改善している。

ビルドクオリティ:

  • シグマの単焦点レンズらしく、ビルドクオリティは良好だ。非常に頑丈で、しっかりとした作りで高級感がある。
  • 防塵防滴は11か所のシーリングで対応している。
  • 前面は67mmのフィルターに対応しており、一眼レフ用35mm F1.4と同じだ。
  • Lマウント版はUSB Dockに対応している。これにより、フォーカスリングの速度や感度を調整することが可能だ。

携帯性:

  • ミラーレス専用設計だが、思ったよりも小型軽量ではない。一眼レフ用と比べて直径の差は区別できず、重量は約20~25gの軽量化だ。ただし、重量は軽くなっている。
  • ミラーレスカメラは一眼レフよりもボディが軽いので、レンズを装着するとフロントヘビーとなる傾向がある。それでも不快と感じるほどではない。
  • LUMIX S1・S1Rのような大きなボディではバランスがとても良い。LUMIX S5では少しフロントヘビーかもしれないが、しっかりとしたグリップが保持を助けてくれる。

操作性:

  • フォーカスリングはバターのように滑らかに回転する。
  • 絞りリングを搭載しており、Aポジションでロックしたり、クリックを解除することが出来る。
  • その他にAF/MFスイッチやカスタマイズ可能なAFLボタンを搭載している。

オートフォーカス:

  • ステッピングモーターで駆動する。
  • フォーカスレンズは1枚のみのため、速度は適度に速く、動画撮影時の動作はとても滑らかだ。
  • 残念ながらフォーカスブリージングが目立ち、ピント位置によってズーム操作しているような感覚に陥る。この点はソニーGMも同様だ。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は搭載していない。

解像性能:

  • 中央は優れたディテールとなり、四隅でさえ極僅かにソフトなだけだ。
  • 全体的にシャープな結果を得るにはF2.8まで絞れば十分だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 11枚羽根のため、絞っても綺麗なボケを維持している。
  • ボケそのものも非常に綺麗で、輪線ボケなどの兆候は見られない。
  • 口径食は強く、四隅のみならず、中央周辺でも変更が見られる。

色収差:

  • 軸上色収差は多くのレンズと比べると悪くない結果だ。一眼レフ用の35mm F1.4よりも遥かに優れている。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 記載なし。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は良好だが、それでもフレーム内にゴーストが発生する可能性がある。
  • 絞るとゴーストが発生するが、明瞭な光条も同時に発生する。

作例集

総評

シグマの35mm F1.4 DG DN Artは2つのマウントに対応しているため、どちらのマウントで撮影するかによって、最終的な感想がある程度異なる。

もちろん、画質・AF性能・操作性・レンズの作りなどはどちらのマウントでも同じだが、それぞれのマウントで競合するレンズは異なる。Eマウントには価格が高いものの、素晴らしいソニー「35mm F1.4 GM」がある。

このレンズは非常にシャープで、ほとんどの場合、開放でも素晴らしい画質が得られる。ゴーストや口径食などの問題はあるが、これらを回避することもできる。
小型のボディでは少しフロントヘビーになるかもしれないが、操作性は良好だ。特に、ロック可能な絞りリング、シルクのように滑らかなフォーカスリング、ロック可能なレンズフードがお気に入りだ。
オートフォーカス性能は控えめで、特にEマウントであれば、ソニーG Masteの非常に速いフォーカスと比較した場合に大きな問題となる。ビデオグラファーにとって、フォーカスブリージングが大きいことにも注意が必要だ。

Lマウントであれば、浅い被写界深度と高画質をリーズナブルな予算で実現するための非常に良い選択肢となる。35mm F1.2 DG DNも検討に値するが、より高価なうえに上腕二頭筋を鍛える必要がある。
Eマウントであれば、ソニー「35mm F1.4 GM」の方が小型軽量でAFが速く、ゴーストや口径食の少ない。価格の高さを我慢すれば、より良い選択肢だと思う。しかし、予算的に無理であれば、シグマのキレのある描写に魅力を感じるだろう。

  • 長所
    ・良好なビルドクオリティ
    ・防塵防滴
    ・絞りリング
    ・AFLボタン
    ・静かなAF
    ・シャープな描写
    ・綺麗なボケ
    ・光条
    ・逆光耐性
    ・ロック可能なレンズフード
  • 短所
    ・一眼レフ用と比べて大幅な小型化・軽量化ではない
    ・AF速度は比較的遅い
    ・重いフォーカスブリージング
    ・口径食が強い
    ・ゴーストが発生しやすい

とのこと。
諸収差の評価でコメントしていない部分が多い(歪曲収差が少し大きい・コマ収差補正は良好など)ものの、全体的な評価は同意できる内容。最終的には光学性能と操作性、そして価格設定のバランスが良く、「金賞」の高い評価を得ているようです。

私はソニーGM・シグマArtどちらも使用しましたが、コストパフォーマンスに優れた35mm F1.4と感じます。価格差が問題なければ、描写性能はかなり似ているので、小型軽量なソニーGMのほうが携帯性が良く、満足度は高くなると思います(F1.4のシャープネスも少し良い)。
ただし、レンズの作りはシグマのほうが良いと感じます。ボケはシグマのほうが少し滑らかですが、比較してみないと分からない差。
ちなみにAF速度に大きな違いはありません。AF-Sの場合はGMが僅かに速く、AF-Cではシグマのほうが速い。精度やレスポンスは純正の組み合わせが優れているかもしれませんが、よほど連写撮影を重視する場合を除いて差は感じないと思います。どちらにせよ、フォーカスブリージングが目立ち、個人的にとても心地よい撮影体験とは感じませんでした。(少なくとも私の環境では。参考として下部に比較動画を掲載しておきます)

シグマ「35mm F1.4 DG DN | Art」交換レンズデータベース

参考:AF速度の比較

管理人のレビュー 35mm F1.4 DG DN

管理人のレビュー FE 35mm F1.4 GM

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-