Canonレンズ Canon標準レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

キヤノン「RF50mm F1.8 STM」は検討する価値がある小型軽量な標準レンズ

PhotographyBlogがキヤノン「RF50mm F1.8 STM」のレビューを掲載。MF時のレンズ駆動音や逆光耐性を指摘しつつも、低価格ながら良好な光学性能と小型軽量なレンズサイズを高く評価しています。

小型軽量で良好な光学性能

PhotographyBlog:Canon RF 50mm F1.8 STM Review

  • レンズの紹介
    ・手ごろな価格のEOS Rシステム用単焦点レンズだ。
  • ビルドクオリティ
    ・手ごろな価格のレンズらしく、優れたビルドクオリティではないが、良好である。
    ・プラスチック外装だが、金属マウントにより堅牢性が高められている。
    ・手に取った際の感触は十分頑丈だ。
    ・レンズフードは同梱していない。
  • 携帯性
    ・重量はわずか160gだ。
    ・全長はわずか40.5mmである。
    ・キヤノンRFレンズラインアップの中で最小だ。
    ・EF50mm F1.8 STMと同程度である。
  • 操作性
    ・フォーカス/コントロールリングを切り替えるスイッチがある。
    ・AF/MFの切替はカメラのメインメニューから操作する必要がある。
    ・フルタイムマニュアルに対応しているが、メニューで設定変更が必要となる。設定後は、シャッター半押し後にフォーカス操作が可能だ。
    ・コントロールリングとして利用する場合はISO感度や絞り、露出補正などを操作可能である。
  • オートフォーカス
    ・ステッピングモーター駆動を採用し、滑らかで正確かつ静かに動作する。
    ・最短撮影距離が0.30mと短く、撮影倍率0.25倍を実現している。
    ・オートフォーカスはとても高速だ。R5と組み合わせた場合に0.2秒で被写体をロックする。
    ・悪い光環境でもハンチングの傾向は見られなかった。
  • マニュアルフォーカス
    ・オートフォーカス時と比べてフォーカスレンズの駆動音が大きい。
  • 手ぶれ補正
    ・記載なし。
  • 解像性能
    ・EOS R5と組み合わせてテストした。
    ・中央はF1.8から非常に良好だ。パフォーマンスはF11まで維持するが、回折で少しソフトとなる。F16でさらにソフトとなり、F22で最もソフトとなる。
    ・端はF4からF8で最もシャープな結果となる。
  • 像面湾曲
    ・記載なし。
  • ボケ
    ・ボケは心地よい。
  • 色収差
    ・高コントラストでは目立つが、一般的にはきちんと補正されている。
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・歪曲収差はほとんど見られない。
  • 周辺減光
    ・F1.8のレンズから予想できるように、周辺減光は目立つ。
    ・極端な減光ではなく、一般的な被写体では目立たない。
    ・F4まで絞ると効果が弱まり、F5.6ではほぼ解消する。
  • コマ収差
    ・記載なし。
  • 逆光耐性
    ・絞ると非常に優れた光条が発生する。
    ・太陽をフレームに入れるとフレアの影響をとても受けやすい。
  • 作例集

総評

手ごろな価格の単焦点レンズは歓迎できるものだ。EF50mm F1.8 STMとアダプターを組み合わせるよりもコンパクトで、さらにより良好な接写性能を得ることができる。EF50mmよりも高価ではあるが、まだ50mm F1.8を持っていない場合はRF50mmがおススメだ。

RF50mm F1.2L USMと比べると、重量は800gほど軽く、価格は10分の1である。既にRF50mm F1.2Lを持っている場合でも、携帯性の良いトラベル・常用レンズとしておススメできる。

手ごろな価格のレンズだが、ビルドクオリティは良好で、以前にレビューした無印RFレンズと一致している。画質は概ね良好だ。色収差は目に付くものの十分に補正されている。歪曲はとても小さく、コーティングによりコントラスト低下を防いでいる。F1.8で素敵なボケも得ることが出来る。

問題は絞り開放の周辺減光と小絞り時のシャープネス低下だ。それでも200ポンドの価格を考慮すると悪くない。レンズフードが同梱していると良かった。レンズ本体の価格を考慮すると、フードの価格は少し高いように思える。

このレンズのアキレス腱はフォーカシングだ。AFは静かに動作するが、MFは切替が面倒で、フルタイムマニュアルを利用するにはカメラの設定変更も必要だ。さらにMF時はフォーカスレンズの駆動音がはっきりと聞こえる。

RF50mm F1.8 STMは、少なくともミドルレンジの50mmが登場するまで、検討する価値がある非常に軽量でコンパクトな標準レンズだ。低価格ながら優れた画質である。

とのこと。
フルサイズミラーレス用の50mm F1.8としては特にコンパクトで軽量なレンズですね。価格を考慮すると解像性能も許容範囲内みたいですね。手持ちのRF50mm F1.8 STMで確認する限り、逆光耐性やコマ収差補正、そして接写時の周辺解像には注意する必要があるものの、使い勝手の良い、面白いレンズだと思います。

フレーム全域で良好な解像性能を得るにはEF50mm F1.8 STMと同じく3~4段は絞りたいところ。しかし、F1.8から四隅を除く広い範囲で良好な解像性能を得られるのはEF50mm F1.8 STMと差別化できるポイントだと思います。

EF50mm F1.8 STMと比べてボケや諸収差の補正が特に優れているわけでは無いので、携帯性と絞り開放付近の安定した解像性能が検討するポイントとなることでしょう。

ちなみにFlickrにはこのレンズ専用のグループページが作成され、すでに100点を超えるユーザー投稿が公開されています。併せて確認しておくと理解が進むかもしれません。

RF50mm F1.8 STM交換レンズデータベース

関連レンズ

管理人のレビュー

関連記事

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Canonレンズ, Canon標準レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER