【セール情報】Amazon「GODOX製品が最大19%OFF」「ProGrade COBALT 325GB 15%オフ
【予約販売開始】キヤノン「EOS R3・RF16・RF100400」ニコン「Z 40mm F2

Canonレンズ Canon広角レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノン RF16mm F2.8 STM の製品画像

近日登場と噂されているキヤノン「RF16mm F2.8 STM」の製品画像が出回り始めました。やはりRF50mm F1.8と同程度の非常にコンパクトな超広角レンズですね。花形フードが少し大きすぎるようにも見えますが…。

「RF50mm F1.8 STM」と外観・サイズが非常に良く似た単焦点レンズとなりそうですね。小型軽量なレンズであり、これで16mm の超広角をF2.8でカバーしているとは思えないコンパクトサイズ。レンズ側面の画像を見る限り、ショートバックフォーカスを活かしたミラーレスらしい光学設計に仕上がっているように見えます。後玉付近に突き出している黒色のパーツが気になりますね。レンズの保護パーツなのか、リアフィルターホルダーなのか。

RF50mm F1.8 STMと比べてみると、レンズサイズは全く同じと言っても過言ではありません。16mm F2.8としては驚くべきコンパクトさ。フォーカスリングは50mmと同じくコントロールリング兼用となっており、AF/MF切替スイッチはありません。

個人的に少し気になっているのは装着しているレンズフード。16mmの超広角をカバーしているフードとしては少し深底の花形フードに見えます。「ひょっとしてこれはAPS-C用の換算24mmレンズなのでは?」と考えてしまうほど。実は沈胴構造となっており、レンズ使用時はレンズが前方へ繰り出すのかもしれませんね。そうすれば深底フードである理由も納得がいきます。果たして真相や如何に?

ちなみにサムヤンのフルサイズ用超広角レンズ(ソニーEマウント用)AF18mm F2.8 FEとのサイズ比較。18mm F2.8ですらこのサイズであり、RF16mm F2.8 STMのサイズがいかに異様なものかお分かりいただけると思います。いったいどのようなカラクリとなっているのか…。

噂のまとめ

噂のまとめ

  • RF100-400mm F5.6-8 IS USM
    ・次の新レンズ
    ・最短撮影距離:0.88m 200mm時
    ・最大撮影倍率:0.41倍 400mm時
    ・テレコンバージョンレンズ対応
    ・手ぶれ補正 5.5段分
    ・ナノUSM
    ・649.99ドル

  • RF16mm F2.8 STM
    ・次の新レンズ
    ・299ドル

参考:EOS R関連の噂情報

EOS Rカメラに関する噂

ボディ

  • EOS R3
    ・開発発表済み
  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS RPに代わる新しいエントリーモデル
    ・EOS RPよりも低価格
    ・2021年前半
    ・999ドル以下
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • EOS RP後継の上位ボディ
    ・EOS RPよりも高価
    ・EOS R6とRPの中間
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • APS-C RF
    ・2021年発表の可能性がある
    ・2021年後半
    ・静止画と動画の両方で訴求力がある
    ・EOS RPより小さくなるわけではない
    ・RF-Sレンズの計画はない
    ・新型APS-Cセンサー
    ・新型APS-Hセンサー
    ・2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
    ・DIGIC Xプロセッサ
    ・デュアルピクセルCMOS AF II
    ・4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
    ・5軸ボディ内手ぶれ補正
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF100-400mm f/5.6-7.1 IS USM
    ・このコンシューマーグレードのレンズは2021年第2四半期の終わりに発表される予定だった
    ・少なくとも6か月は延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年
  • RF200-500mm F4 L IS USM
    ・2022年

参考:現行のRFレンズ一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ

キヤノン関連記事

-Canonレンズ, Canon広角レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-