【セール情報】DXOがPureRAW2など最大50%OFF
【セール情報】Amazon BLACK FRIDAY
【ブラックフライデー特集記事】 Amazon / DXO / まとめ

Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ レンズ 特許情報

弩級の高倍率ズーム「RF30-600mm F4-8」を想定したような特許出願

2022年2月17日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開。実施例は複数ありますが、全て「RF30-600mm F4-8」を想定したかのようなパラメータとなっています。A curious patent application from Canon dated February 17, 2022 is available. There are several examples of the implementation, all with parameters that seem to assume the RF30-600mm F4-8.

概要

  • 【公開番号】特開2022-29145
  • 【発明の名称】ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
    【住所又は居所】東京都大田区下丸子3丁目30番2号
  • 【課題】小型でありながら高ズーム比と良好な光学性能を両立することができるズームレンズ及びそれを有する撮像装置の提供を目的とする。
  • 【0005】
    しかしながら、特許文献1及び2においては、高ズーム比かつ高い光学性能を有するズームレンズではあるが、小型化の要求を満足できていない。これを実現するためには、ズームタイプ及びズーミング時の移動レンズ群を適切に設定することが重要である。
  • 【0006】
    本発明は、小型でありながら高ズーム比と良好な光学性能を両立することができるズームレンズ及びそれを有する撮像装置の提供を目的とする。

実施例1

  • 焦点距離:30.50-585.00
  • F値:4.00-8.00
  • 半画角:35.35-2.12
  • 像高:21.64
  • 全長:309.33-489.09
  • バックフォーカス:29.33-102.45

広角30mmから超望遠600mmまでをカバーする非常に高い倍率を持つフルサイズ対応のズームレンズ。風景から野生動物、航空機までこれ一本でカバーすることを想定しているのでしょうか?開放F値が大きく、暗いので明るい日中専用となりそうですが、自身の撮影環境と合致するのであれば面白い選択肢となることでしょう。

シグマはこの種の高倍率ズームを提供し続けており、現在も一眼レフ用レンズ「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM」を販売中。しかし、このキヤノンの特許出願の実施例では、さらに広角30mmまで使うことができ、汎用性がさらに高くなっているのが魅力的。

広角域をカバーする超高倍率ズームは前代未聞で、キヤノンがこのようなレンズの実用化を目指しているのかどうかは分かりません。特許出願が実用化される可能性は低いので、過度な期待は禁物です。また、当然ながらレンズ全長は非常に長く、光学系だけでもシグマのズームレンズを上回っています。そして重量は3kgを超えそうです。レンズ一本で広角から望遠まで利用できるのは素晴らしいですが、携帯性はかなり悪そう。とは言え、前玉以外はコンパクトな光学系で、望遠側の開放F値が抑えられているので、思いのほか軽量なレンズとなるのかもしれません。

ちなみに過去には「RF35-600mm F4-7.2」を想定したような特許出願も公開されています。広角側は僅かに狭いですが、全体的にレンズ全長が今回の実施例よりも短く、より現実的な選択肢に見えます。どちらもここ最近の特許出願であり、ひょっとしたらキヤノンはこのような超高倍率ズームレンズを真剣に検討しているのかもしれません。

English

A full-frame compatible zoom lens with extremely high magnification that covers a wide angle of 30mm to a super telephoto of 600mm. Is it intended to cover everything from landscapes to wildlife to aircraft with just one lens? It has a large aperture value and is dark, so it is likely to be used only in bright daylight.

Sigma continues to offer this type of all-in-one zoom, and is still selling its 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM lens for SLRs. However, in this example of Canon's patent application, it is possible to use an even wider angle of 30mm, making it even more versatile and attractive.

A super all-in-one zoom that covers a wide angle range is unheard of, and we don't know if Canon is aiming to commercialize such a lens. It is unlikely that the patent application will be put to practical use, so do not get your hopes up too high. Also, naturally, the overall length of the lens is very long, surpassing Sigma's zoom lenses in optics alone. And the weight is likely to exceed 3 kg. It is great to be able to use a single lens from wide-angle to telephoto, but portability seems to be quite poor. However, with the exception of the front lens, the optics are compact, and the maximum aperture on the telephoto side is suppressed, so the lens may be unexpectedly lightweight.

Incidentally, a patent application has been published in the past that seems to envision the "RF35-600mm F4-7.2". The wide angle side is slightly narrower, but the overall length of the lens is shorter than this example, and it looks like a more realistic option. Both of these patent applications are recent, and perhaps Canon is seriously considering such an ultra-high-power zoom lens.

RFレンズ一覧

RF ズームレンズ

RF 単焦点レンズ

特許関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, レンズ, 特許情報