SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー 解像力チャート

シグマ「35mm F2 DG DN」交換レンズレビュー 近距離解像力編

このページではシグマ「35mm F2 DG DN」の近距離解像力チャートテストに関するレビューを掲載しています。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2020年12月18日 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:9群10枚
  • 開放絞り:F2
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:27cm
  • 最大撮影倍率:1:5.7
  • フィルター径:58φmm
  • レンズサイズ:φ70mm × 67.4mm
  • 重量:325g
  • 簡易防塵防滴
  • ステッピングモーター駆動

2019年に発表した「45mm F2.8 DG DN」を含め、今回発表した3本のレンズ「24mm F3.5 DG DN」「35mm F2 DG DN」「65mm F2 DG DN」と合わせて「Iシリーズ」と呼ばれるレンズ群の一つです。

「Iシリーズ」は今のところContemporaryシリーズに属する一つの製品群であり、小型軽量ながら優れた光学性能とビルドクオリティ、操作性を兼ね備えたレンズを目指しているとのこと。(詳しくはIシリーズ紹介ページを参照

この35mm F2は小型軽量ながら、頑丈な金属外装に加え、9群10枚のうち非球面レンズ3枚・SLDレンズ1枚を使った複雑な光学設計を採用しています。ソニー純正「FE35mm F1.8」が9群11枚に非球面レンズ1枚のみ使っていたことを考えると贅沢な仕様ですね。

フォーカス駆動にはステッピングモーター駆動を採用したインナーフォーカス方式を採用。静かで滑らかな動作と高速AFが期待できます。

敢えて妥協点があるとすれば、最短撮影距離が27cmと平凡であること。ソニー純正ほど寄れず、サムヤンAF35mm F1.8と同程度です。さらに、価格設定は7万円と比較的高く、ソニー製レンズと比べてアドバンテージはありません。同価格にも関わらず、敢えてサードパーティ製レンズであるシグマを選ぶ理由があるかどうか、これから見ていきたいと思います。

価格のチェック

前述した通り、売り出し価格は7万円前後です。ショッピングモールなどで購入すると実質6万円前半となるかもしれませんが、ソニーFE35mm F1.8と比べて大きな価格差はありません。

35mmの明るいAFレンズで言えばサムヤン「AF 35mm F1.8 FE」やYONGNUO「YN35mm F2S DF DSM」が比較的手ごろな価格で入手可能。明るさを犠牲にすることでタムロン「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2」がシグマの半値に近い価格で入手可能。正直に言ってソニーEマウントの35mmは激戦区です。

近距離解像力チャート

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:α7C
  • 交換レンズ:35mm F2 DG DN
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • α7CのRAWファイルを使用
  • ISO 100 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

テスト結果

中央

F2から良像と言える「2500」を超える数値ですが、遠景解像テストの結果と比べるとイマイチ。おそらく、ピント距離による収差の変動が大きく、特に接写時にパフォーマンスが大きく低下するのかなと予想。

絞ると急速に改善し、F4までにピークの「4180」を達成します。これは2400万画素センサーとしては限界となる数値です。単焦点レンズでもこのような数値となるレンズは多くありません。

さらに絞るとパフォーマンスは低下し、F16付近まで「3500」前後の良好な性能を維持しています。F22のみ絞り開放と同程度まで落ち込むので注意が必要。

周辺

絞り開放では良像を下回る結果となりました。ソフトな描写のため、良像を得るには2~3段ほど絞りたいところ。絞ると急速に改善し「3000」前後の良好な結果をF16まで維持しています。

四隅

周辺部と同じく絞り開放付近はとてもソフトな描写。絞っても改善速度が遅く、F8まで絞って許容範囲と言ったところ。以降はF16まで同程度の性能を維持し、F22のみソフトとなる。

全体

ピント距離によってパフォーマンスの変動が大きなレンズです。無限遠側では四隅まで非常に良好な性能を発揮しますが、接写時は周辺から四隅の画質が大きく低下します。接写時にフレーム全体の解像性能が必要となる場面は少ない(被写界深度が浅く、ピントを合わせづらいため)と思いますが、被写体を周辺に配置する場合は少し絞ったほうが良いでしょう。

この結果をどのように受け取るかは撮り方次第。ボケ描写ではプラスと働く可能性もありますが、マクロ撮影でシャープな描写を期待すると肩透かしとなる可能性もあり。ただし、中央に限って言えば接写でもかなりシャープです。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F2.0 2920 1781 2095
F2.8 3510 2216 1816
F4.0 4180 2821 2095
F5.6 3742 3163 1867
F8.0 3468 2979 2474
F11 3413 3200 2474
F16 3495 2900 2425
F22 2810 2426 2095

実写確認

やはり絞り開放付近は像高5割あたりでも甘い描写であることが分かります。極端な像の乱れは無いので画像処理次第で実用的な画質となる可能性あり。

レンズの比較

絞り開放の性能はソニーFE35mm F1.8と同程度。周辺や四隅の解像性能はタムロンやサムヤンのほうが良好です。接写性能の高い35mmを探しているのであれば、タムロンのコストパフォーマンスが非常に高い。焦点距離が多少変わりますが、45mm F2.8 DG DNも良好です(球面収差が残存しているので少し滲みを伴いますが…)。

絞るとソニーはじわりじわりと改善しますが、このレンズは四隅がそこまで改善しません。24-70mm F2.8 DG DNのほうが良くなるほどです。

おさらい

肯定的見解

ココがポイント

  • 接写でも非常に良好な中央解像
  • 絞ると際立った性能の中央解像
  • 絞ると良好な周辺解像

フレーム全体の均質性は低いものの、中央解像性能はとても立派。特に1~2段絞った時は非常に切れ味のあるシャープネスを得ることが可能です。高画素機でAPS-Cクロップすると面白い使い方が見つかるかも。

批判的見解

ココに注意

  • 絞り開放の周辺が甘い
  • 絞り開放の四隅が甘い
  • 絞っても四隅が甘い

遠景テストとは打って変わってフレーム全体の均質性が低下しています。中央から四隅に向かって急速にソフトな描写となるため、接写時は被写体を中央で捉えるのがおススメ。絞っても改善効果はあまり期待できないため、積極的にボケを利用したいところ。

総合評価

管理人
満足度は75点。
コンパクトで明るいインナーフォーカスレンズに接写性能を期待するべきではありませんが、予想していたよりも大きな落ち込みでした。前述したように近距離で周辺や四隅の性能が求められることは少ないと思いますが、このカテゴリの評価は低くせざるを得ません。

今後の課題はどの程度のピント距離で画質が良好に転じるかをチェックすること。時間があれば屋外でテストしてみたいと思います。

購入早見表

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー, 解像力チャート
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER