SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

シグマ「35mm F2 DG DN」交換レンズレビュー 歪曲収差・周辺減光編

このページではシグマ「35mm F2 DG DN」の歪曲収差・周辺減光についてレビューを掲載しています。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2020年12月18日 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:9群10枚
  • 開放絞り:F2
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:27cm
  • 最大撮影倍率:1:5.7
  • フィルター径:58φmm
  • レンズサイズ:φ70mm × 67.4mm
  • 重量:325g
  • 簡易防塵防滴
  • ステッピングモーター駆動

2019年に発表した「45mm F2.8 DG DN」を含め、今回発表した3本のレンズ「24mm F3.5 DG DN」「35mm F2 DG DN」「65mm F2 DG DN」と合わせて「Iシリーズ」と呼ばれるレンズ群の一つです。

「Iシリーズ」は今のところContemporaryシリーズに属する一つの製品群であり、小型軽量ながら優れた光学性能とビルドクオリティ、操作性を兼ね備えたレンズを目指しているとのこと。(詳しくはIシリーズ紹介ページを参照

この35mm F2は小型軽量ながら、頑丈な金属外装に加え、9群10枚のうち非球面レンズ3枚・SLDレンズ1枚を使った複雑な光学設計を採用しています。ソニー純正「FE35mm F1.8」が9群11枚に非球面レンズ1枚のみ使っていたことを考えると贅沢な仕様ですね。

フォーカス駆動にはステッピングモーター駆動を採用したインナーフォーカス方式を採用。静かで滑らかな動作と高速AFが期待できます。

敢えて妥協点があるとすれば、最短撮影距離が27cmと平凡であること。ソニー純正ほど寄れず、サムヤンAF35mm F1.8と同程度です。さらに、価格設定は7万円と比較的高く、ソニー製レンズと比べてアドバンテージはありません。同価格にも関わらず、敢えてサードパーティ製レンズであるシグマを選ぶ理由があるかどうか、これから見ていきたいと思います。

価格のチェック

前述した通り、売り出し価格は7万円前後です。ショッピングモールなどで購入すると実質6万円前半となるかもしれませんが、ソニーFE35mm F1.8と比べて大きな価格差はありません。

35mmの明るいAFレンズで言えばサムヤン「AF 35mm F1.8 FE」やYONGNUO「YN35mm F2S DF DSM」が比較的手ごろな価格で入手可能。明るさを犠牲にすることでタムロン「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2」がシグマの半値に近い価格で入手可能。正直に言ってソニーEマウントの35mmは激戦区です。

歪曲収差

歪曲収差とは?

歪曲収差とは、平面上で直線的に写るはずが直線とならずに「歪む」収差です。特に直線が多い人工物や水平線が見えるような場合に目立ちやすい。主に魚眼効果と似た形状の「樽型歪曲」と中央がしぼんで見えてしまう「糸巻き型歪曲」に分かれています。

実写で確認

歪曲収差は僅かな糸巻き型です。補正オフの状態でも良好に抑えられていることが分かります。そのままでも問題なく利用できますが、ボディ側のレンズ補正をオンにすることでほぼ完璧に補正されています。

さて、普段なら歪曲収差のチェックはここで終了ですが…
このレンズは少し特殊な動きを見せたのでもう少しじっくりとチェックしてみましょう。
ひとまず周辺減光のテスト結果をご覧あれ。

周辺減光

周辺減光とは?

周辺減光とは読んで字のごとく。フレーム周辺部で発生する不自然な減光のことです。中央領域と比べて光量が少なく、フレーム四隅で露出不足となっていることを指します。主に大口径レンズや広角レンズで強めの減光が発生、ソフトウェアで簡単に補正できる現象ですが、露出不足を増感でカバーするのでノイズ発生の原因となる点には注意が必要。特に夜景で高感度を使う場合にはノイズが強く現れる可能性があります。

実写で確認

レンズ補正をオフにすると絞り開放で目立つ周辺減光が発生します。絞るとある程度改善しますが、四隅の減光がしつこく残ります。無限遠と最短撮影距離における周辺減光の違いは目立たず、どちらもF4まで絞ると良好な状態へ改善。

既にお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、このレンズは無限遠と最短撮影距離では歪曲収差の形状が異なっています。

Re:歪曲収差

無限遠側では穏やかな樽型歪曲となり、最短撮影距離付近では中程度の糸巻き型歪曲へと変化。ズームレンズで広角側と望遠側で歪曲収差の形状が異なることは多々ありますが、単焦点レンズで歪曲収差の形状が変化するレンズは珍しい。

ボディ内「レンズ補正」ではピント距離に応じた歪曲補正が適用される模様。ただし、完全には補正しきれず、ピント距離によっては収差が残存してしまう可能性あり。

気難しい問題に見えますが、目立つ糸巻き型歪曲は近距離時のみ発生。被写体と少し距離を開けると問題は小さくなるので過度に心配する必要は無いでしょう。

ただし、近接側から無限遠側へオートフォーカスした場合、合焦後に歪曲収差補正が切り替わるので少し不自然なライブビューとなるかもしれません。

また、撮影距離によって画角も大きく変化(フォーカスブリージング)していることが分かります。急なピント距離の変化で想定外のフレームアウト・フレームインが発生する可能性があります。

おさらい

このレンズが「Contemporaryシリーズ」である理由を感じさせるテスト結果となりました。遠景解像は良好な結果を得ることができましたが、撮影距離によってレンズの雰囲気が変わってしまう模様。

ミラーレスの用のArtレンズでも歪曲収差をボディ側のレンズ補正に依存したモデルは存在しますが、このように複雑な歪曲収差を残したレンズは無いはず。特にAdobe Lightroom Classic CCではレンズプロファイルが存在しないため、(ピント距離で歪曲が変動する)このレンズで手動の一括補正が難しい。

特に影響の大きい歪曲収差は近接時の限られたピント距離に限定されるため、過度に心配する必要はありません。とは言え、RAW現像時にピント距離によって歪曲収差の形状が異なり、最適なレンズプロファイルを見つけることが出来ず、場合によってはRAWの歪曲を自分で補正する必要があります。ソニーFE35mm F1.8と比べても少し大きめの歪曲収差に見えます。

購入早見表

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER