Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ 特許情報

キヤノンのAPS-C用「55-200mm F4-7.1」「55-250mm F5.6-8」光学系の特許出願

2022年8月29日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開。「RF-S55-200mm F4-7.1」「RF-S55-250mm F5.6-8」を想定したようなF値高めのAPS-C用望遠ズームレンズですね。

概要

  • 【公開番号】P2022125480
  • 【公開日】2022-08-29
  • 【発明の名称】ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
  • 【出願日】2021-02-17
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】全ズーム範囲で高い光学性能を有し、十分なズーム比の確保と軽量化の両立が可能なズームレンズ及びそれを有する撮像装置を提供すること。
  • 【0004】
    ズームレンズにおいて、十分なズーム比を確保するためには、広角端から望遠端へのズーミングに際しての各レンズ群の単位移動量あたりの横倍率変化量を大きくする必要がある。そのためには、各レンズ群の屈折力を強くする必要があり、その際に発生する諸収差を補正するためにレンズ枚数を増やす必要がある。しかしながら、各レンズ群のレンズ枚数を増やすとズームレンズが大型化してしまう。十分なズーム比の確保と軽量化を両立するためには、ズーミングに際しての各レンズ群の移動量を大きくすることが重要となる。【0007】
    本発明は、全ズーム範囲で高い光学性能を有し、十分なズーム比の確保と軽量化の両立が可能なズームレンズ及びそれを有する撮像装置を提供することを目的とする。
  • 【0007】
    本発明は、全ズーム範囲で高い光学性能を有し、十分なズーム比の確保と軽量化の両立が可能なズームレンズ及びそれを有する撮像装置を提供することを目的とする。

実施例1

  • 焦点距離:56.65-194.00
  • F値:5.00-7.10
  • 半画角:13.56-4.03
  • 像高:13.66
  • 全長:105.29-156.70
  • バックフォーカス:20.49-57.43

実施例2

  • 焦点距離:56.65-249.98
  • F値:5.59-8.00
  • 半画角:13.56-3.13
  • 像高:13.66
  • 全長:120.22-175.57
  • バックフォーカス:23.43-75.75

実施例3

  • 焦点距離:56.65-194.00
  • F値:4.29-6.30
  • 半画角:13.56-6.86
  • 像高:13.66
  • 全長:105.07-146.47
  • バックフォーカス:24.12-61.37

実施例の光学系は全てAPS-Cミラーレス向けの望遠ズームレンズとなっています。キヤノンではお馴染みの「55-250mm」が含まれているのが特徴的ですね。実際に確認してみると焦点距離は似ているものの、開放F値が非常に大きい。特に実施例2は一眼レフ用「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」と同じズームレンジながら、比較して開放F値が1段高くなっています。この辺りは「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」とよく似ているので、実際にF5.6-8で登場したとしても驚きません。最近は商品化前の特許出願が公開されることもしばしばあるので、ひょっとしたら、この実施例のまま新製品が登場するかもしれませんね。兎にも角にもAPS-Cの望遠ズームレンズは早めにラインアップして欲しいところ。

RFレンズ一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ
RF-S レンズ

特許関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, 特許情報