Canonレンズ Canon広角レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

キヤノン「RF35mm F1.2 L USM」となりそうな特許出願

2021年4月15日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開。「RF35mm F1.2 L USM」を想定したような非常に複雑な光学設計のレンズに関する特許のように見えます。

  • 【公開番号】特開2021-60475(P2021-60475A)
  • 【公開日】2021年4月15日
  • 【発明の名称】光学系およびそれを有する撮像装置
  • 【出願日】2019年10月4日
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】小型で高い光学性能を有する光学系、およびそれを有する撮像装置を提供すること。

実施例1 実施例2
焦点距離 34.00 35.76
F値 1.23 1.23
半画角 32.47 31.17
像高 21.64 21.64
全長 147.45 147.45
BF 19.82 19.50

バックフォーカスが短く、対応する像高を考えるとフルサイズミラーレス用の広角レンズであることが分かります。実施例はすべて35mm F1.2を指しており、これが噂の超大口径RF広角レンズとなるのでしょうか。気合の入った光学系で、球面収差・非点収差・歪曲収差・色収差を良好に補正している模様。

構成枚数の多いレンズ後群を全て動かすリアフォーカス方式は興味深いポイント。これほど大量のレンズを動かす場合、アクチュエーターには高いトルクが要求されると思われます。大きなリングUSMを使用するのかもしれません。

噂ではDS版も登場すると言われていますが、今回の特許出願でDS技術に関する文献は見つかりませんでした。ちなみに、過去には「RF35mm F1.4」となりそうな特許出願も公開されています。

35mmの超大口径レンズはシグマが「35mm F1.2 DG DN」を実現し、Venus Opticsが「LAOWA Argus 35mm F0.95」の開発を発表しています。キヤノンはこれらに続く3本目の超大口径レンズとなるか?

参考:RFレンズデータベース一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Canonレンズ, Canon広角レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER