SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 管理人レビュー

シグマ「35mm F1.4 DG DN」レンズレビュー 諸収差編

シグマ「35mm F1.4 DG DN」のレビュー第五弾。今回は6100万画素のα7R IVと組み合わせて、諸収差のテスト作例やレビューを公開しています。

まえがき

概要
レンズの仕様
マウント ソニーE/ライカL 最短撮影距離 0.3m
フォーマット フルサイズ 最大撮影倍率 1:5.4
焦点距離 35mm フィルター径 67mm
レンズ構成 11群15枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.4 テレコン -
最小絞り F16 コーティング 防汚/SMC
サイズ・重量など
サイズ φ75.5×111.5mm 防塵防滴 対応
重量 640g AF STM
その他 絞りリング/絞りロック/絞りクリック/AFLボタン
付属品
フード/レンズケース/説明書/保証書

12本目となるシグマDG DNシリーズのレンズ。競合多いソニーEマウントと、まだまだラインアップが少ないライカLマウントに対応。ミラーレス専用設計ながら、光学設計はSGVの元祖「35mm F1.4 DG HSM」と同じで、10年来のベテランエンジニアが担当(他にも18-35mm F1.8や85mm F1.4 DG DNなどの銘玉を手掛けている模様)。特殊レンズを贅沢に使用し、DG HSMと比べてコマ収差や軸上色収差を良好に補正。さらに、フォーカスレンズは1枚と軽量で、ステッピングモーター駆動による軽快なAF性能を実現している模様。

レンズサイズは「35mm F1.2 DG DN」より小さいものの、ソニー「FE 35mm F1.4 GM」と比べると大きく、「EF 35mm F1.4 ZA」と同程度です。携帯性でベストは言えませんが、そのぶん価格やパフォーマンスに期待したいところ。

価格のチェック

売り出し価格は9万円台ですが、買い方次第で8万円前後となるはず。ソニーGMの半値程度までコストが抑えられているのでコストパフォーマンスは良好。これ以上安い35mm F1.4となると、サムヤン「AF 35mm F1.4 FE」くらいしかないはず。

像面湾曲

像面湾曲とは?

ピント面が分かりやすいように加工しています。

中央から四隅かけて、ピントが合う撮影距離が異なることを指しています。例えば、1mの撮影距離において、中央にピントが合っていたとしてもフレームの端では1mの前後に移動している場合に像面湾曲の影響が考えられます。

最近のレンズで目立つ像面湾曲を残したレンズは少ないと思いますが、近距離では収差が残存している場合もあります。ただし、近距離でフラットな被写体を撮影する機会は少ないと思われ、像面湾曲が残っていたとしても心配する必要はありません。

無限遠でも影響が見られる場合は注意が必要です。風景など、パンフォーカスを狙いたい場合に、意図せずピンボケが発生してしまう可能性あり。この収差は改善する方法が無いため、F値を大きくして被写界深度を広げるしか手段がありません。

参考:Wikipedia 像面湾曲

実写で確認

像面湾曲が目立ちやすい近距離でも特に大きな問題はありません。

倍率色収差

倍率色収差とは?

主にフレーム四隅に現れる色ずれです。絞り値による改善効果が小さいため、この問題を解決するにはカメラボディでのソフトウェア補正が必要となります。ボディ側の補正機能で比較的簡単に修正できます。

参考:Wikipedia 色収差

実写で確認

完璧な補正状態とは言えず、絞り値全域で倍率色収差の影響が残っています。ソニーGMの補正状態と比べると残存収差は少し多め。極端に目立つわけではありませんが、大きくクロップする場合には補正したい場合があるかもしれません。

注意

以下のリストはAdobe Lightroom Classic CCにてレンズ補正をオフにして現像したものです。しかし、手動では取れない補正が適用されているらしく、上のRAW Therapyで現像した作例よりも色収差が少なく見えます。

軸上色収差

軸上色収差とは?

軸上色収差とはピント面の前後に発生する色ずれを指しています。手前側で主にパープルフリンジとして、奥側でボケにグリーンの不自然な色付きがあれば、その主な原因が軸上色収差です。簡単な後処理が難しく、できれば光学的に収差を抑えて欲しいところですが、大口径レンズでは完璧に補正できていないことが多いです。

参考:Wikipedia 色収差

実写で確認

F1.4で僅かに残存しており、1段絞ったF2.0でも残っています。これを解消するためにはF4~F5.6まで絞る必要あり。ただし、全体的に残存収差は実写で大きな問題とな量ではなく、よほど厳しい状況でなければ軸上色収差が目立つことは無いでしょう。

歪曲収差

歪曲収差とは?

歪曲収差とは、平面上で直線的に写るはずが直線とならずに「歪む」収差です。特に直線が多い人工物や水平線が見えるような場合に目立ちやすい。主に魚眼効果と似た形状の「樽型歪曲」と中央がしぼんで見えてしまう「糸巻き型歪曲」に分かれています。

参考:Wikipedia 歪曲収差

実写で確認

レンズ補正をオフにすると、目立つ樽型の歪曲収差が発生。直線的な被写体のみならず、一般的な撮影でも目立つ可能性があり。このため、カメラのレンズ補正は必須。Lightroomでレンズプロファイルが存在しない現状、現像時は手動での歪曲収差補正が必要です。ただし歪曲収差の影響は直線的と言えず、いくらか陣笠状の変形を伴っています。これを手動補正するのは難しく、レンズプロファイル登場までRAW現像が難しい。レンズプロファイルを格納しているパナソニック機であれば問題ないと思いますが、ソニー E マウントで使う場合には注意が必要です。

コマ収差

コマ収差とは?

コマ収差とは主にフレーム四隅で点像が点像として写らないことを指しています。例えば、夜景の人工灯や星、イルミネーションなど。日中でも木漏れ日などが影響を受ける場合があります。後処理が出来ないため、光学的に補正する必要がある収差。絞ることで改善するものの、夜景や天体撮影など、シャッタースピードが重要となる状況では絞り開放のコマ収差補正が重要となります(絞るとシャッタースピードかISO感度に影響があるため)。

参考:Wikipedia コマ収差

テスト結果

大口径の広角レンズながら、コマ収差は良好に補正。完璧とまではいかないものの、実写でほぼ無視できるまでに抑えられています。ソニーGMとほぼ同等の補正状態であり、FE 35mm F1.8など、安価なF1.8レンズと比べると雲泥の差。

今回のまとめ

歪曲収差以外は良好に諸収差が補正されたレンズです。色収差の補正状態はアポクロマート設計とは言えないものの、実写で問題となるシーンはそう多くないはず。もちろん極端な高コントラスト下では色づきが目立つ可能性あり。とは言え、数週間使ってみて、今のところ絞り開放で問題があると感じたシーンは極僅か(参考:下の写真)。

問題の歪曲収差はカメラ内で綺麗に補正可能。とは言え、Adobe Lightroom Classc CCで現像したい場合の補正用プロファイルがありません。手動補正の場合は陣笠状の歪みが取れないので、直線的な被写体が入ると難しい。ひとまずRAWで保存しておき、レンズプロファイルの対応待ちとなる点に注意が必要です。

購入早見表

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER